ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中谷美紀主演ドラマのP「自分自身が女性の実態。感覚で作る」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中谷美紀(40才)主演のTBS系ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(毎週金曜日22時~22時54分)が4月15日にスタートする。

 開業医で容姿端麗のみやび(中谷)はアラフォーの独身。料理人の十倉(藤木直人)に「結婚できない女の典型」と言われ、腹の立ったみやびだが、それが現実と思い知る。そんな時、高校時代の同級生・桜井(徳井義実)と再会する──。というこのドラマを出掛けるのが、ドリマックス・テレビジョンの新井順子プロデューサーだ。

 幼稚園児を持つ母親たちを描いた『マザー・ゲーム』など、リアルな女性を描くドラマを数多く手掛けてきた新井プロデューサーに『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の見どころを聞いた。

「ドラマを見ていると、たまに“現実にはそんな女いないよ!”という女性が出てきます。たとえばひとり暮らしの30代独身女性だったら、きれいな部屋で毎朝スムージーを飲んでいるとか。でも現実は、簡単な朝食で済ませる女性がほとんどですよね。ドラマのクレジットを見ると制作陣が男性ばかり…なるほどと。男性は、勉強しないと女性の実態がわかりません。でも、女性だったら自分自身が実態です。だから、感覚で作っている部分も大きい」(新井さん)

 主人公のみやびは容姿端麗の開業医。高飛車な性格もあって、いまだ独身という役柄だ。

「晩婚化が進んでいる中で、あえて結婚をしない選択をする人が増えました。その一方、婚活が普及している。結婚に対する考えが多様化している今だからこそ、このドラマを作りたいと思いました。リアリティーを出すために、みやび役には、独身の中谷さんにお願いしました。実際にお会いしたら、明るく気さくなかただったんです。イメージとのギャップが魅力的で、それを台本に反映しました。リアルでおもしろいドラマになっています」(新井さん)

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
人気ドラマ『相棒』のオリジナル中編小説を計2作収録した本
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP