ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東西回転寿司の違い シャリや卵は西へ行くほど甘めの味付け

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャパニーズ・フードを代表する寿司。しかし同じ日本でも、寿司文化は東西で様変わりする。もちろん、回転寿司にもその影響は少なくない。日本の文化の多様性が寿司を通して見えてくる!?

 日本は東西に長く、エリアによって食文化が異なるのはご存じのとおり。もちろん、回転寿司にも、食文化の違いは色濃く反映されている。

 例えば、砂糖の量。すし酢に入れる量は地域により差がある。江戸前寿司はほとんど入れないが、関西では砂糖を使ってシャリを濃いめの味つけにする。東京より西へ向かうにつれてシャリは甘くなる傾向だ。甘いといえば、卵も同様。グルメ系回転寿司はどの店でもだし巻き卵を作っているが、西へ行くほど甘めの味つけになる。

 それゆえ、東日本では定番なのに、西日本ではさほど人気がないといわれるのがかんぴょう巻。特に関西では酢飯が甘いため、同じく甘辛いかんぴょうは敬遠されている、という説がある。西でかんぴょうを好む人はわさびを入れてアクセントを付けることが多いようだ。

 種類や鮮度などネタに注目が集まりがちだが、土台である酢飯との相性が合ってこそ寿司は完成される。だからこそ、かんぴょう巻のように東西で好みの違いが生まれるのだ。この他にも寿司には東西の文化の違いがある。

【具は散らすか、バラバラ混ぜるか】

 東の「チラシ寿司」は、具材を散らすように飯の上に並べることに由来する。一方、西の「バラ寿司」は具を飯に混ぜる。

【マグロの味は濃厚? サッパリ?】

 関東は濃厚なバチマグロを、西はサッパリしたキハダマグロを好む。名古屋周辺で、その文化圏は分かれるとか。

【餃子の街は回転寿司激戦区】

 宇都宮といえば餃子だが、実は回転寿司激戦区。地元『元気寿司』など人気店が密集し、市民の寿司支出金額は日本一とか。

【江戸の海苔巻きはシンプル】

 海苔巻きは江戸発祥で具は1種、焼き海苔を使うのが原則。一方、巻物は大阪発祥で具は多種、海苔は焼かないのが決まり。

【ツメが付くネタといえば穴子? 鰻?】

 甘いツメが塗られた寿司ネタといえば、江戸前寿司が主流の関東ではアナゴが一般的だが、関西ではウナギである。

【鯛の皮は残す? それともひく?】

 関西でよく見かける「鯛の松皮造り」。皮目のコリコリした味わいを楽しめるが、東日本ではほとんど見かけない。

【西へ向かうほど甘~くなる!】

 酢飯と醤油は、西へ向かうほど甘くなる。チェーン店は全国均一のため、地元のグルメ系回転寿司でチェックすべき。

【山陰は回転寿司不毛の地?】

 海の幸が豊富な山陰地方は、安くて質の高い“廻らない寿司”が充実しているため、回転寿司にとっては鬼門といわれる。

【レギュラーネタにあの高級白身】

 山口や九州では、フグも廻る。現地では「フク」と呼ばれるが、長崎県の島原での呼び名はなんと「ガンバ」だとか。

【上方に今も残る箱寿司の伝統】

 箱寿司が主流だった名残か、関西には現在も「木寿司」というものがある。これは箱に入った寿司ではなくシメサバのこと。

【バリエーション豊富ないなり寿司】

 酢飯を米俵状に包む東に対して、西は三角形など形もいろいろで、中身も五目飯やひじき飯などバリエーション豊富。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
静岡の回転寿司店の高さ約6cm「こぼれずわいがに」は483円
沖縄にビタミンCが豊富なゴーヤーを使ったノリ巻きが存在
渋谷の寿司店で食べられる高さ10cmのまぐろ軍艦巻き580円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP