ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名門校で規格外だった高畑充希 中学でやめて女優の道へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新しいNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロイン・小橋常子を演じる高畑充希(24才)。彼女の実家は、大阪府東大阪市のスプリングや弾性材を製造するメーカー。つまり、高畑は社長令嬢として生まれたのだ。

 裕福な家庭に生まれ育った高畑は、小学校卒業後に中高一貫の超名門校に進学。関西きっての進学校でその偏差値は70超だという。しかし、彼女は舞台女優になること夢見て、中学でその学校をやめてしまう。

「充希ちゃんのご両親が大のミュージカル好きで、その影響で幼い頃から『レ・ミゼラブル』やら『オペラ座の怪人』やら、いろんな舞台を見に行っていたんです。小学校の頃にはもう“舞台女優になる”って聞かなくなって(苦笑い)。あんまりにも真剣なんで、ご両親も折れて、応援することになったんです。東京でオーディションがあるっていえば、お母さんが必ず一緒について行っていました」(高畑家の知人)

 だが、高畑は周囲との温度差ゆえに、女優という夢を公言することがなかなかできなかったという。

《周りは医者とか弁護士になりたいという人たちばかり。芸能関係は浮ついた仕事に見えたらしく、友達の親の視線が痛かった》

 高畑は過去のインタビューでそう振り返っている。うかつに女優になりたいなどと言えば、冷たい視線を浴びた。

「学校柄、生徒はいわゆるステータスの高い家庭の子息ばかりでしたからね…。有名大学に行くことが当然とされるなか、芸能界を目指すなんて理解しがたい行為なわけです。彼らの目指す“理想の将来”からかけ離れた世界ですから」(保護者の一人)

 そんな環境にあって、高畑は規格外の生徒だった。自力で、周囲の価値観さえも変えていったのだ。

「充希は軽音楽部に入って、バンド活動に明け暮れていた。“文化祭でライブやるんだ”って言って、実際にステージに上がって。もちろんボーカルは彼女。ヤイコ(矢井田瞳)の『Look Back Again』を熱唱する姿がとにかく格好よくってさ。メチャクチャ歌がうまくて、MCでもしっかり笑いをとって…。中2の時にホリプロのオーディションに受かったって聞いた時も、驚かなかったもん。充希なら絶対に成功するって確信してた」(高畑の同級生)

 当時のホリプロオーディションの応募者は9621人。頂点に立った高畑は、学校をやめて上京した。「いつか舞台で天下を取る」──そんな野望を持って東京に出た高畑を、運命がすぐに味方した。2007年、ミュージカル『ピーター・パン』の主役に抜擢されたのだ。

 過去に榊原郁恵(56才)や相原勇(49才)、宮地真緒(32才)らがヒロインを演じた伝説の舞台で、高畑も同作の出演をきっかけに一躍スターダムへ登り詰めた。同舞台で演技力だけでなく美声も磨かれた彼女は、以降、舞台『奇跡の人』、映画『ドルフィンブルー』など話題作に立て続けに出演し、演技派女優として成長していった。

 高畑が出演した連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年)の脚本家・森下佳子さんも彼女の魅力についてこう話す。

「彼女は芝居を心底愛していました。女優さんには二通りいて、芸能活動の手段として女優を選ぶ人と芝居が好きで女優になる人がいますが、彼女は確実に後者です。撮影は大阪で行われましたが、高畑さんは実家から普通に電車で来ていた。ただただ好きな芝居をするために現場に来ているという感じでした。それに、彼女の歌は本当に凄い。『ごちそうさん』で彼女が演じた希子も、当初はデパートガール役の予定だったんですが、その美声に魅せられるあまり、歌う場面を盛り込んだほどです」

 主演の杏(29才)はもちろん、演技に厳しいことで知られるキムラ緑子(54才)にも特別かわいがられていたという。

「一度出演者みんなで飲みに行きました。出しゃばらず、かといって暗くもなく、先輩を立て、後輩にも優しい。自然とみんな彼女のことが好きになるんです」(森下さん)

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
『ごちそうさん』で注目の高畑充希をのし上げた3人の大物
朝ドラ主演・高畑充希 社長令嬢で偏差値70超名門校出身
伊藤英明 「フッフッ」と声を出しながら妊娠中の妻と散歩

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。