ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラのモデル大橋鎭子 川端康成や志賀直哉とも交流あった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月4日にスタートしたNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』が早くも話題を呼んでいるが、高畑充希(24)が演じるヒロイン・小橋常子のモデルとなったのは、天才編集長・花森安治とともに婦人誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子(しずこ)だ。

「衣・食・住」の生活全般をテーマとして1948年に創刊された『暮しの手帖』には、数多くの大作家が寄稿している。川端康成もそのひとりだ。

「鎭子さんとは新聞社時代からのお付き合いだったそうです。彼女は粘り強く執筆依頼し、何度も断わられ、最後は涙を流しながらも原稿を書いてもらったそうです。以来、川端先生も“大橋君、大橋君”と鎭子さんを可愛がるようになり、『暮しの手帖』の創刊号にも寄稿しています」(鎭子を知る出版関係者)

 志賀直哉は『暮しの手帖』の大ファンだったという。

「『暮しの手帖』に掲載されたカレーを自分で作ったら美味しくできた。それで“こんな役立つ本はない”と各方面に宣伝して回ったといいます。鎭子さんが志賀先生のご自宅にうかがったときにも、そのカレーを振る舞ってくれ、“これが志賀家の味になった”と喜ばれていたそうです」(同前)

 天才・花森編集長の辣腕が同誌を大きく成長させたことは間違いない。しかし、彼ひとりでは成立していないと話すのは、元『暮しの手帖』の編集部員で『花森安治の編集室「暮しの手帖」ですごした日々』の著書を持つ唐澤平吉氏だ。

「花森さんが“頭脳”で、鎭子さんが行動に移す。ふたりは本当にいいコンビでした。私たちには怒鳴りつける花森さんも彼女には決して怒りませんでしたから。やはり一目置いていたと思います」

 生涯独身を貫いた鎭子。それも花森の助言だった。彼女の旧友が語る。

「鎭子さんは花森さんから“あなたは結婚してはならない。会社と結婚しなさい”と言われ続けたそうです。その教えを愚直に守ったんです。でも、気になる男性もいたんですよ(笑い)」

 会社と結婚した鎭子にとって社員が「家族」だった。『暮しの手帖』の元編集長・尾形道夫氏がいう。

「母にハンドバッグを贈りたいと鎭子さんに話したら、“これから三越に行く用事があるから一緒に行きましょう”と言って、バッグを選んでくれました。そんな気さくな人ですから、会社では誰も鎭子さんを社長扱いしませんでしたね(笑い)」

 1978年、心筋梗塞で花森はこの世を去る。

「皮肉なことですが、花森さんが亡くなって数年が、いちばん会社がまとまった時期でした。“花森がいなくなって『暮しの手帖』はもうダメだ”と散々言われて……。鎭子さんを中心に全社一丸となったのを覚えています」(同前)

 事実、花森の死後、同誌は最高部数の90万部を記録している。鎭子は2004年に社長を退任した後も毎日出社していたという。

「90歳を過ぎていたのに、精力的に雑誌作りに参加していました。若い編集部員に“売れる企画はない?”と声をかけたり、土日には自らデパートに足を運び、企画のタネを探し回っていましたよ」(前出・出版関係者)

 2013年3月23日、鎭子は肺炎でその生涯を閉じた。

「晩年、鎭子さんは“私の人生も朝ドラになるわね。人が経験したことのない波乱万丈な人生だったもの”と笑っていました。その言葉通りになったから天国の本人も喜んでいると思いますよ」(前出・旧友)

 彼女の一生が朝ドラでどう描かれるのか。今から楽しみで仕方がない。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
『とと姉ちゃん』モデル大橋鎭子は皇族に原稿執筆&修正依頼
朝ドラ 高畑充希、唐沢寿明、及川光博らがガッツポーズ
朝ドラで話題『暮しの手帖』 商品テストで家1軒燃やす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP