ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

決断力がなくても優れたリーダーになる人「5つの共通点」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ライターのLauren Ferrier氏。決断力などなくても、以下の5つの特徴に該当するならば、優れたリーダーになる可能性があるのだとか。

01.
苦しい時期を乗り越え
這い上がってきた経験がある

たとえば、イジメられて傷ついたことや、自分の殻に閉じこもっていたこと。そして、自身を大きな丘の上にいる小さなアリのように感じていたことなど。

優れたリーダーになるためには、成功ではなく、「失敗」こそが必要。人生の浮き沈みを経験することで、「強さ」を手に入れた人こそがリーダーの素質があるのです。サメのいる大海で生き抜く小魚のごとく、将来的には大きな魚に成長し、成功を収めるでしょう。

02.
相手の「心のつかみ方」
を知っている

意思疎通を図るうえで重要なのは、「人の話を聞くこと」です。相手がどのように感じているのか、そして、その感情をどう表現しているのか。それらを正確に理解することが大切なのです。

周囲をよく観察すれば、彼らを理解するために「どのように会話をすればいいか」がわかるでしょう。人は自分を理解してくれる人に信頼を寄せるもの。そうやって、相手の心をつかむのです。

03.
すべての人には弱点があると
理解している

相手の悪いところを指摘するのではなく、成功へと導くために、彼らの「強み」に着目。良いリーダーは、人間誰しも弱い部分があることをしっかりと理解しています。

04.
何よりも「チームワーク」を
大切にする

自分が「すべて」を知っているわけではないことを認識し、知らない知識を補うために、誰かを頼ることができます。一人ひとりの強みや個性を把握しており、それらをうまく引き出しながら、より良い方向へと導く。「魚は木に登れない」ということを理解しているため、メンバーにもできないことを強制したりしません。

05.
明確なビジョンを持っており
決してブレない

自分の情熱や目標から、日々インスピレーションを得ている。そして、自分の目標を達成するまで決して止まることがない人にも、リーダーの資質があるでしょう。

優れたリーダーを見つけるのは簡単です。なぜなら彼らは、あなたを刺激し、頼りがいがあることをしっかりと示してくれるから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

あなたはいくつ当てはまる?成功者に共通する「6つのサイン」
学生時代、成績が悪かった人がビジネスで成功する「8つの理由」
海外留学が、学校の授業よりもためになる「10の理由」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP