体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松岡修造の上を行く!?カリスマ小学校教師から学ぶ、「理想の上司」が持つべき人間力

151009_5

クリエーターエージェント

クリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア
qreators.jp

明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アンケートで、2016年の男性編は元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが1位になりました。「熱血、頼もしい、指導力がある」という点が支持を受けたそうです。

一方、活躍のフィールドは違いますが、子どもたちから絶大な信頼を受けるカリスマ小学校教諭がいます。やる気を引き出し、MCのような楽しい授業を繰り広げることで話題の“ぬまっち”先生こと沼田晶弘さん。

クラスの成績は優秀、チームワークは抜群、加えて各々が驚くほどの自発性を持ちあわせているという理想的な状況を作り上げています。 熱血で頼もしく、指導力があるという3大要素はまさに「理想の上司」像そのものですが、なぜ“ぬまっち”がいると、こんなにも上手く回るのでしょうか?

毎日どのように部下と関わったらいいのか? ある意味、大人社会よりもデリケートな人間関係と365日向き合っている小学校教諭・沼田さんのコーチングから、そのヒントを探ります。

会社と小学校には共通点が!
10歳で人格はほぼ形成される

160329_qreators_numataーー 小学校と会社、子どもたちと部下との関係。同じ考え方は通用しないと思いがちですが、人を動かす方法は基本的に変わらないと沼田さんは言います。その理由は、大人と子どもの社会には、思っているほど差がないからだとか。

沼田 僕は6年生のクラスを担任している(※2016年3月3日現在)んですが、大人とほぼ同じように扱っていますよ。実は10歳くらいで人格形成ができると言われているんです。

例えば、若干素直じゃない発言をし始めるのもこの頃から。時間に間にあわなさそうだなと思った時、低学年は「急ぎなさい」と指示して素直に急ぐけど、10歳を超えたあたりから「いや、こっちだって急いでるし」って言ってくるんですよ。

もっと大人になってマドンナくらいのレベルになると「私だって遅刻したくてしてるんじゃない」って言い訳が巧妙化してくるでしょう。まぁ彼女は特別だと思いますが(笑)。10歳は言い方の巧妙化も含め、大人の入り口に立っているわけです。

対人関係でも“子どもだからみんな仲良し神話”は通用しないと思っています。大人に合う・合わないがあるように、子どもにだって事情があるからそれを無視しない。だからせめて“仲悪くするな”、と言うようにしています。

「みんな仲良く」はハードルが高いし、生徒たちもプレッシャーだけど、「仲悪くするな」は意外とできちゃうんです。実際、クラスの雰囲気はいいですし、すごくよくまとまってると思いますよ。

それともう一つは、世の中に認められたいという“承認欲求”が強いということ。SNSを使う環境で育ってきた若手の社会人は、特にこの傾向が強いのではないでしょうか。

これは大人も子どもも共通していますが、やっぱり自分のことを気にして欲しいんですよね。ちゃんと見てるぞ、味方でいるぞという合図は何よりも大事。それがあって信頼関係は生まれるものだと思っています。

問題と失敗は
「生ごみ」と同じ

Pensive businessman sitting at desk in office
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。