ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

藤村長官、エネルギー政策は「あくまでエネルギー・環境会議が中心にまとめていく」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
藤村修官房長官

 藤村修官房長官は2011年10月3日午後の記者会見で、今後のエネルギー政策を議論する政府の3つの会議の役割分担について、「総合資源エネルギー調査会、原子力大綱策定会議と連携をする」としながらも、「あくまでエネルギー・環境会議を中心にまとめていく」と述べた。

 政府では現在、「エネルギー基本計画」を白紙から見直し、来年の夏に2030年に向けた戦略を打ち出す計画になっている。しかし、エネルギー政策の方針「エネルギー基本計画」を策定する経済産業省の「総合資源エネルギー調査会」、原子力政策の方針「原子力政策大綱」を策定する内閣府原子力委員会の「原子力大綱策定会議」、そして経産相や国家戦略担当相の閣僚らがメンバーとなる国家戦略室の「エネルギー・環境会議」の3つの会議が乱立している状態だ。

 これら「3つの会議」の役割分担について、藤村官房長官は、

「エネルギー、安全保障の観点や、あるいは費用分析を踏まえて、国民の皆さんが安心できる中長期的なエネルギー構成のあり方について幅広く意見を伺って、総合資源エネルギー調査会、原子力大綱策定会議と連携をして、あくまでエネルギー・環境会議を中心にまとめていく」

と説明し、エネルギー政策の「司令塔」となるのはエネルギー・環境会議だと強調した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]3会議体の役割分担についての質問から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66050059?po=news&ref=news#13:57

(山下真史)

【関連記事】
枝野経産相、総合エネ調の委員について「推進派か反対派かに割り切れるものではない」
「脱原発派」の飯田哲也氏ら起用、エネルギー政策見直しの委員会設置
「放射能うつす」発言報道の裏側で何があったのか 検証番組全文書き起こし(後編)
「放射能うつす」発言報道の裏側で何があったのか 検証番組全文書き起こし(前編)
実情を知ると「命に関わる」!? メタンハイドレート開発

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。