ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100年の歴史あるフライドポテト「炸鹹粿」は金門島だけの味 / 子供も大人もお姉さんも大好き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の孤島として知られている金門島には、100年以上の歴史あるフライドポテトの老舗がある。代々受け継がれてきたレシピを守りつつ、熟練の職人が毎日、店頭でフライドポテトを揚げ続けている。材料はコショウやビンロウの一部、そして里芋など。単に揚げた料理と侮ることなかれ。レシピと揚げ方に「プロの腕」が必要なのだ。

・じわじわと尾を引く甘さ
そのフライドポテトは「炸鹹粿」として売られており、価格は大が50台湾ドル、小が30台湾ドル。テイストは、ほんのりと塩味で、ほんのりと甘い。食べた瞬間、梨を食べたかのようなシャリッとした食感のあと、ふわっとした綿のような柔らかさを感じる。そしてじわじわと尾を引く甘さが広がっていく。つまり美味しい。

・濃いめの焼酎や日本酒に合いそう
加熱するための燃料は薪である。もちろんそれは昔ながらの手法。ビールにも合いそうだが、どちらかというと濃いめの焼酎や日本酒に合いそうだ。とはいえ、このフライドポテトは子どもたちにも大人気で、おやつとしてはやや高額だが、友達同士で小サイズを買い、分けて食べている小中学生もいるようだ。台湾本土や中国から、わざわざ食べに来る人もいるという。

・食べながら金門島を観光
炸鹹粿は、食事というよりはオヤツのような位置づけのグルメである。これを食べながら金門島の街を歩き、観光を楽しむ。名物の金門焼餅を食べ歩きするのもいいだろう。とことん金門島を味わいたい人は、そんな旅の仕方もアリかもしれない。ちなみに、注文を受けてから揚げてくれるので、いつでも新鮮かつカリカリサクサクが楽しめるのも嬉しい。

https://youtu.be/jq3H6UGZxUE

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2016/04/08/taiwan-kinmon-potato/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP