体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤村長官、プルサーマル計画について「ある意味では白紙で考えていく」

藤村修官房長官

 藤村修官房長官は2011年10月3日午前の記者会見で、9月30日に経済産業省の第三者調査委員会が提出した最終報告書において、各地でのプルサーマル関連シンポジウムなどでいわゆる「やらせ」指示が7件あったと認定されたことについて、「大変遺憾なことで関係者の皆さんにおわびしたい」と述べた。また、このことで「地元の合意が得られなければ、プルサーマル計画の白紙撤回もあり得るか」と問われると、「プルサーマルについては今から検討していくこと。『やらせ』がどうとかと連関している話ではない」としながらも、「ある意味で、白紙で考えていく」と語った。

 プルサーマル計画とは、原発から出る使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、ウランを混ぜ合わせた燃料(MOX燃料)を、再び利用すること。9月30日に経産省の第三者調査委員会がまとめた最終報告によると、北海道電力泊原発でのプルサーマル計画に関連するシンポジウムでエネルギー庁の職員が「(計画)推進の側で発言いただくことも準備をお願いしたい」と働きかけがあったことなどが認定されている。

 これについて藤村官房長官は、「大変遺憾なことで関係者の皆さんにおわびしたい。今後2度とこのような事態が生じないよう、枝野(幸男)経産大臣のリーダーシップのもと、早急に再発防止策を策定・実行して、国民の信頼の回復に努めることが必用である」と述べた。

 また、今後のプルサーマル計画については、「エネ環会議(エネルギー・環境会議)で、その他のさまざまな再生可能エネルギーなどと含めて、検討していく。単純に『やらせ問題』と連関しているものではない。エネルギー政策全体の問題だ」とし、プルサーマル計画について「地元の合意が得られなければ、計画の白紙撤回もあり得るか」と問われると、「ひとつの仮定のうえで『あり得るかあり得ないか』という質問なので、仮定をすべてはずして、ある意味で白紙で考えていく」と述べた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 第三者調査委員会の最終報告書に関する質問から再生 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv65691547?po=news&ref=news#23:00

(三好尚紀、安部伸介)

【関連記事】
“余計なことは言わない”―野田政権3原則について藤村長官「初めて聞いた」
藤村官房長官、米人工衛星の落下について「冷静に普段通りの生活を」
藤村官房長官「報道規制するつもりない」 輿石幹事長の発言めぐる批判で
「経済産業大臣に枝野前官房長官 正式に発表
首相官邸の公式ブログ「官邸かわら版」開設 野田総理の思いを発信

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。