ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャネット・ジャクソンが意味深告白、ツアー延期は妊娠が理由か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 再び【アンブレイカブル】ワールド・ツアーの日程を延期せざるを得なくなったジャネット・ジャクソンだが、4月6日の朝、ヨーロッパのファンを待たせるその理由がとてもハッピーなものであることを打ち明けた。ジャクソンはツイッターにおよそ2分間のビデオを投稿し、「ツアーの2回戦中で実際に急展開がありました。みんなに最初に知ってもらう事が大切だと思って……」などと話す。

 白いドレスを着たジャクソンは、いったん静止し深呼吸すると、「夫と私は2人の間に家族を計画しているの。ツアーを遅らせなければいけないと思っています。もし可能なら、みんなには私が今することの大事さを理解して欲しいわ。医師の指示で十分な休息をとらなければならないの」と笑顔で明かした。ちなみに彼女は映像のなかで“妊娠”という言葉は使っていない。ジャクソン(49)は3番目の夫であるカタール人実業家、ウィサム・アル・マナ(41)と2012年に結婚している。

 3月30日にイングランドのバーミンガムでツアーを再開する予定だったジャクソン。その前には、詳細不明の病気のため手術を受けるとされアメリカでの29公演を延期していた。一時はがんを患っているとの噂もあったが、ジャクソンはこれを否定。また、1か月前には突如、チケット販売サイト“Ticketmaster”からヨーロッパの日程が削除され、公演がキャンセルされた。

 ジャネット・ジャクソンはダンサーたちや夫、クルー、プロモーターのライブ・ネイションに感謝の意を表すとともに、「再開を待たせておくことはできません」と話している。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャネット・ジャクソン、“延期”していた欧州日程を中止に
ジャネット・ジャクソン、咽喉がんの噂を否定「私はがんではない」
ジャネット・ジャクソン、手術を受けるためツアー延期を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP