ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

蜷川実花、4月18日号より『AERA』表紙フォトファー担当!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


AERA(アエラ)
Fujisan.co.jpより

4月11日に発売する『AERA』最新号より蜷川実花が表紙フォトグラファーを担当!記念すべき1号は、ハリウッドで活躍する俳優の渡辺謙さんが表紙を飾ります。

 

蜷川実花インタビューも収録

蜷川『ポートレートは写真の中でも基本中の基本。写真家がどんな姿勢でカメラに向かったか、現場で被写体とどんな関係性を作れたかがすべて映り込みます。』と『AERA』の表紙を担当することへの意気込みを語ります。

 

蜷川実花プロフィール

写真家/映画監督

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、初監督映画「さくらん」公開。2008年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版し、世界各国で話題に。2012年、監督映画「ヘルタースケルター」が22億円の興行収入を記録。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。