体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

未知の世界、子ども時代に憧れた宇宙への旅。

映画スターウォーズ・シリーズの第7作「スターウォーズ/フォースの覚醒」が大ヒット、続いて第8作、第9作の公開も予定されています。

ワシントン州バーリントンHeritage Flight Museumでは、アポロ8号に乗船していた宇宙飛行士を囲むディナーのイベントが4月15日に行われます。チケットは1,000ドルから10,000ドル(およそ114,000円〜1,140,000円)もするにも関わらず、ほぼ完売。飛行士と同席出来るテーブルのチケット(10,000ドル)は、すぐに売れてしまったというのですから、アメリカ人の宇宙熱はまだまだ高いということですね。

日本でも、油井宇宙飛行士が搭乗したソユーズ宇宙船が無事帰還されて、話題を呼んでいます。

アラバマ州ハンツヴィルは、NASAの主要施設であるマーシャル宇宙飛行センターがあり、航空宇宙産業が発達した町。今回は、宇宙好きなら見逃せない、Trip Advisorで4.5星の評価の、米国宇宙・ロケットセンター(US Space & Rocket Center)へご案内しましょう。

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

正面入り口

宇宙女子もいますが、基本的には男性のファンが多いようです。
宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

館内の展示

宇宙ステーション(本物)

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

宇宙ステーションの模型(縮小版)

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

宇宙ステーションとシャトルのドッキングの模型(縮小版)

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

サターンV型ロケットの噴射ノズル

ロケットが横になって展示されています。大きさが実感できます。

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

スペースシャトルのシート

座ってみたいですよね。

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター

スペースシャトルの先端部分

宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。