ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Netflix、ハリウッド版『デスノート』の製作権獲得へ最終交渉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

'The Intern' film premiere

Netflixは、自社サービスの映画ラインアップを増強すべく、アダム・ウィンガードが監督する映画『Death Note(原題)』の権利獲得に向けて最終的な交渉に入った。

本作は映画『ペーパータウン』のナット・ウルフとマーガレット・クォーリーが出演し、Netflixが動く前は米ワーナー・ブラザースが製作する予定だった。

その他のスタジオではSTXエンターテイメントとライオンズゲートが権利取得を検討していたが、Netflixが6月の撮影開始を視野に入れ、権利を獲得する構えだ。その契約は、同社がこれまでに獲得した映画『War Machine(原題)』や映画『Bright(原題)』と同額のレベルに達する見込みはなく、4000万ドルから5000万ドルの範囲に落ち着くとみられる。

原作は日本の漫画シリーズで、ターゲットの名前を書くことで誰でも簡単に殺すことができる、人知を超えたノートを発見する学生役をウルフが演じる。人前に姿を現すことのない捜査官と、追いつ追われつの戦いが始まる。

ロイ・リー、ダン・リン、ジェイソン・ホッフス、マシ・オカがプロデューサーを務める。本作は以前に日本でも映画化され、当地では続編の製作が進められている。

ジェレミー・スレイター(映画『ファンタスティック・フォー』)が最新の脚本の草稿を手掛けている。以前は、シェーン・ブラック(映画『アイアンマン3』)が監督を務める予定だった。

ダグ・デイヴィソンとブライアン・ウィッテンがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

映画祭界隈で、Netflixは積極的なバイヤーの1社となっている。ブラッド・ピット主演の映画『War Machine(原題)』や、ウィル・スミス主演の映画『Bright(原題)』のストリーミング配信権を9000万ドル以上で獲得するなど、作品リストの強化を進めている。

ウィンガード監督はCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、プラットフォームのジェレミー・プラット、バーンズ・モリスの弁護士トッド・ルーベンスタインと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。