ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SHE’S、デビューシングルの歌詞を先行公開&Apple Musicにて先行試聴スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SHE’Sのメジャーデビューシングル「Morning Glow」の歌詞が先行公開された。

「Morning Glow」はメジャーデビューをステージ上で発表した3月14日の東京・渋谷CLUB QUATTRO『SHE’S ONEMAN TOUR FINAL「She’ll be fine –chapter.0」』ツアーファイナル公演のアンコールで初披露された楽曲。

「Morning Glow」を作詞作曲したKey/Vo.井上竜馬は、「朝焼けが苦手だった。『こんな時間まで起きて朝を迎えるなんて』という虚無感と自己嫌悪から。とても前向きな言葉にも表現にも思えなかった。そんな憂鬱も見たくない過去も引っ括めて『僕の朝焼け』へ向かうことを決意した。いつもの道にいつもの景色、変わらなかったと思っていた過去の僕も少しずつのキッカケで変わり続けてきた僕がいたことを、今というあの頃の未来に立って初めて知る。信じることと、歩みを止めないこと、この2つを”続ける”ことであなたの『朝焼け』というその時は、きっとやってくる。そんな想いを伝えたくて書いた曲です」

とライナーノーツを寄せている。

また、SHE’SはApple Musicにて新曲「Morning Glow」の先行試聴を4月8日(金)よりスタートすることが分かった。Apple Musicの会員でなくてもSHE’SのTwitterオフィシャルアカウントにてURLがツイートされるので、そのURLに飛べば誰でも試聴が可能となっている。この段階ではサビのみ視聴できる状態であるが、フルだと一体どんな曲になっているのか、より一層期待が高まるキャッチーさである。

さらに、シングル「Morning Glow」の収録内容も決定した。CDに収録された全3曲は井上竜馬による書下ろし。タイトルチューン「Morning Glow」はバンドとしての結束感がさらに強固になったドラマティックなアレンジとなっており、井上の描く静かに燃える炎のような力強いメッセージと一体となった、まさに彼らの決意が表れた圧倒的にポジティブな新世代のアンセム。収録曲すべてがシングルと言えるほどのキャッチーなメロディーセンスは健在、ミックスエンジニアには数々のスーパーアーティストと大ヒット曲を生み出してきた今井邦彦を迎え、よりスケール感が増したサウンドに仕上がった。

特典DVDには3月14日に行われた渋谷クアトロでのライブダイジェストを収録。 あの日ステージ上でメジャーデビューを宣言した感動のMCを含む5曲を収録予定だ。メジャーデビューシングルは初回生産限盤(DVD付)のみのリリース。品切れ必至、購入特典も数量限定のため、確実に手に入れるためには早めの予約をお忘れなく。

■「Morning Glow」歌詞URL

http://www.uta-net.com/song/205741/

シングル「Morning Glow」
2016年6月8日発売

【初回生産限定盤 】(CD+DVD)

TYCT-39038 / ¥1,836(税込)

<収録曲>

■CD

01. Morning Glow 

02. 日曜日の観覧車 

03. Time To Dive  

■DVD

Live Footage “She’ll be fine -chapter. 0- at Shibuya Club Quattro, 3.14.2016″

軒並みソールドアウトを記録したワンマンツアーより、メジャーデビューを宣言した感動のMCを含む東京公演を収録したダイジェスト・ライブムービー(全5曲収録予定)

※CD購入特典

TOWERECORDS、HMV、TSUTAYA RECORDSでご購入のお客様にはオリジナル缶バッジを差し上げます。

デザインは追って発表します。

特典は先着ですので、早めのご予約、ご購入をオススメします。

LAMP IN TERREN/SHE’S/ HOWL BE QUIET『One-Two-Three, For!! TOUR 2016』
4月06日(水)福岡 天神Queblick

4月07日(木)広島 CAVE-BE

4月09日(土)大阪 大阪梅田Shangri-La

4月10日(日)愛知 名古屋ell.FITS ALL

4月15日(金)宮城 仙台enn 2nd

4月17日(日)東京 代官山UNIT

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP