ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイ、大回顧展「DAVID BOWIE is」の日本開催が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20世紀で最も影響力のあるアーティスト、デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」の開催会期と会場が発表された。会期は存命であれば70回目の誕生日であった、2017年1月8日(日)より4月9日(日)まで、会場は寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)となる。入場チケットの販売情報などは日本展の公式サイトで順次発表予定。

なお、大回顧展「DAVID BOWIE is」は2013年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)よりスタートし、現在オランダ・フローニンゲンで開催中。アジアでは日本が唯一の開催国となる。

「DAVID BOWIE is」

会期:2017年1月8日(日)~4月9日(日)

会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)

主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会

企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)

公式サイト:http://www.davidbowieis.jp/

※入場チケットの販売情報などは決定し次第、順次公式サイトで発表していきます。

Courtesy David Bowie Archive (c)Victoria and Albert Museum, London

(c) Victoria and Albert Museum, London.

Koh Hasebe/Shinko Music

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP