体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】『山形食べる通信』大蔵村の最上鴨(もがみがも)~食べる通信を食べてみる 2食目!

f:id:tabearukist:20160329153133j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキスト Sudaです。 前回から始まった新シリーズ「食べる通信を食べてみる」。こだわりの食材と情報誌が届く、『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。

『食べる通信』とは?

一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展開している食材付き月刊情報誌。会費制で、読者になると各地域における農水産物の生産者に焦点を当てた特集記事を掲載した冊子と、彼らが収穫した食物が毎月セットで届けられる。

第2回は『山形食べる通信』 大蔵村の最上鴨(もがみがも)

今回は『山形食べる通信』をセレクトしてみました。

f:id:tabearukist:20160329153135j:plain

今回の食材

届いた食材は3種類。最上鴨のロースとひき肉、それに鴨の脂身(3,980円※送料・税込)でした。

こだわり食材:大蔵村の最上鴨(もがみがも)

山形の山間部に位置する大蔵村で加藤貴也さんが育てる最上鴨は、長期飼育をすることで実現する、味が濃く美しい肉色の鴨。通常55日〜65日で出荷されるところを、75日かけてじっくりと飼育されます。

ザ・鴨鍋。

『山形食べる通信』には、「真似したい!この一皿」として、地元の農家レストラン「知憩軒」のおすすめレシピが2品掲載されています。1品目は、この号が発売された2月の寒い季節にふさわしい<鴨のつみれ鍋>、2品目は甘辛いタレで煮込む<鴨すき>。今回はまず鴨のつみれ鍋を作り、そのスープで鴨しゃぶにしたいと思います。

今回もレシピに沿って作ってみましょう。

f:id:tabearukist:20160329153137j:plain

まずは、昆布と鰹節を使ってスープのもととなる出汁を取っておきましょう。

昆布を水に入れ一晩おいた昆布出汁を火にかけ、沸騰寸前で昆布を取り出したら、再び沸かして鰹節を投入。火を止め3分待ったら濾します。

f:id:tabearukist:20160329153140j:plain

材料一式。ゴボウはささがきにして水にさらし、あくを抜きます。ネギはセリと長さをそろえて切ります。ネギの一部をみじん切りに、生姜はおろして絞り汁に。

f:id:tabearukist:20160329153129j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会