体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おもいでタイムライン】第3回 2007〜2004年、多機能化? ガラケー化?

日本で初めての携帯電話「ショルダーホン」が発売されてから、丸30年が過ぎました。そして携帯電話の進化と同時に、私たちのコミュニケーションも大きく変化してきました。携帯電話の歴史は、コミュニケーションの変遷の歴史でもあるんです。

では、一体どんなふうに変化してきたのでしょう?

TIME & SPACEがお届けする、携帯電話の歴史30年を振り返るサイト「おもいでタイムライン」との連動企画の第3回は、2007〜2004年までをさかのぼってみます。

携帯電話はさまざまな機能を搭載してきました。インターネットとメール機能にはじまり、カメラ、ミュージックプレイヤー、ワンセグ、そしておサイフ機能まで! それら「多機能化」がもっとも盛んになったのがこの時代でした。海外と比べても、日本の携帯電話があまりにも多機能すぎて、日本独自の進化を遂げた「ガラパゴス・ケータイ=ガラケー」なんて言われたこともありましたっけ。……でもこの時代、新機種が発売されるのが楽しみだったんですよね。

■おもいでタイムライン
http://time-space.kddi.com/omoide/index.php

おサイフケータイ®とワンセグ放送

この時代の携帯・スマホは?
「W32H」(2005年発売)
→このスマホの「おもいでタイムライン」記事へ

JR東日本がSuicaを導入したのが、2001年。ソニーが開発した非接触型ICカード技術「FeliCa」を採用しています。最初は管内の限られたエリアでしか使用できませんでしたが、徐々に区間を広げました。その後、全国のJRや私鉄で相次いでオリジナルの非接触型ICカードを導入。

自販機や駅構内の売店など、カードでピッと決済する人が増えてきて、後には、コンビニとかスーパーなど、使えるシーンもどんどん広がりました。きっぷを買う手間も省ける上に、買い物では小銭をじゃらじゃら持たずに済むし、レジで背後のお客さんからのプレッシャーも受けずに済むし、いやホント便利になったものです。

そんな「FeliCa」技術を使った「EZ FeliCa」サービスを、auが「おサイフケータイ」として初めて搭載したのが、2005年に発売された「W32H」と「W32S」。まだまだ街中で、非接触型カードで支払える機会は多くなかったのですが、これによって文字どおり、お出かけは「ひとまずケータイさえあればOK」に。手ぶら派はもう大歓喜したものです。

おサイフケータイ®導入の翌年2006年には世界初のワンセグケータイが登場しました。ついにテレビ機能まで携帯電話に搭載されたわけです。

「W33SAⅡ」(2006年発売)日本初のワンセグ対応携帯電話。従来のアナログテレビ放送を受信できた

サクッと天気予報やニュース見るにも便利だったし、折しも2006年にはサッカーのワールドカップドイツ大会が開催。残業していても、会社にいながら試合のハイライトを見られたので、ホント重宝しました。

開いてディスプレイ部分を180度回転し二つ折りにできるようになったり、テレビを見る時だけディスプレイを90度回転させ、ヨコ型画面で視聴できたり。テレビ機能の搭載で、携帯電話のフォルムも随分変わりましたよね。

ミュージックプレイヤーにもなった!

この時代の携帯・スマホは?
「W42S」(2006年発売)
→このスマホの「おもいでタイムライン」記事へ

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。