ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」日本開催決定、来年1月よりスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」が、存命であれば70回目の誕生日であった2017年1月8日より4月9日まで、寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)で開催されることが明らかになった。

Courtesy David Bowie Archive ©Victoria and Albert Museum, London
本展覧会はヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)、シアター&パフォーマンス部門長のヴィクトリア・ブロークスと同部門のディレクターであるジェフリー・マーシュのキュレーションによって実現した。

2013年のアルバム「ザ・ネクスト・デイ」のリリース直後より、母国であるイギリス・ロンドンのV&Aでスタート。これまで巡回展として、トロント、サンパウロ、ベルリン、シカゴ、パリ、メルボルンで開催され、現在はオランダ・フローニンゲンで開催中。世界各国で展覧会の動員記録を塗り替え、これまでに累計140万以上の人々がこの大回顧展を訪れている。また、アジアでは日本が唯一の開催国となる。

©Victoria and Albert Museum, London.
©Koh Hasebe/Shinko Music
©Koh Hasebe/Shinko Music
43年前の4月5日、デヴィッド・ボウイは豪華客船オロンセイ号に乗り初来日を果たし、これまで日本と様々な交流を行ってきた。「DAVID BOWIE is」では、V&Aの監修により親日家としても知られるデヴィッド・ボウイのアーカイヴから集められた300点以上に及ぶ貴重な品々が、音楽と映像による演出効果を用いてファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムのカテゴリーに分かれ展示。日本を愛し、日本人を魅了し続けるデヴィッド・ボウイの世界観を忠実に表現し、その軌跡を辿る。

なお入場チケットの販売情報などは日本展の公式サイトで順次発表される。

ヴィクトリア・ブロークス(V&Aエキシビジョン・キュレーター)コメント
「DAVID BOWIE is」の展覧会が、来年東京で開催されることをとてもうれしく思います。ボウイのキャリアのごく初期から全編に渡り、日本と日本の文化はボウイを魅了し続け、彼に多大な影響を与えてきました。ボウイが仕事上いくつもの素晴らしい関係を築き、そしてたくさんのファンのために何度も演奏してきた国である日本は、アジア唯一の開催国に本当にふさわしいと思います。

イベント情報

展覧会「DAVID BOWIE is」
会期:2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
公式サイト:http://www.davidbowieis.jp/
※入場チケットの販売情報などは決定し次第、順次公式サイトで発表していきます。

関連リンク

デヴィッド・ボウイ レーベルページ
http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/
http://wmg.jp/artist/davidbowie/
■デヴィッド・ボウイ アーティスト・オフィシャル・サイト 
http://www.davidbowie.com 
http://www.imablackstar.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP