ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大病で仕事を辞めると下流老人になるリスクが高くなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベストセラー『下流社会』の著書で知られるマーケティング・アナリストの三浦展氏は、新刊『下流老人と幸福老人』のなかで、「下流老人」の実像を浮かび上がらせた。それによると、65歳以上の高齢者の金融資産総額は平均2772万円だが、1億円以上の資産を持つ上位3.3%の高齢者が資産全体の29.7%を保有しており、人口比率で最も多いのは資産「500万~1000万円未満」(15.1%)だ。

 三浦氏はこの金融資産の額をもとに線引きをし、「2000万円以上」を「上流老人」、「500万円未満」を「下流老人」、その中間を「中流老人」に分類している。そして下流老人の割合は34.5%なのだという。

 自分はあまり関係ないと思っている人も多いだろうが、「下流転落」は往々にして起こる。その要因として大きいのが、病気やケガによる退職だ。

「40代半ばでがんになり、2年間にわたる抗がん剤治療を余儀なくされ、会社を退職しました。幸いがんは完治したものの、その間に貯金は底をつき、再就職先も見つかりません」(68歳・元会社員)

 調査の結果を見ても、その影響は歴然である。

「病気が収入や資産形成に影響を及ぼしたのではないかと調べると、現在の『年収』との相関があった。『40歳以降に大病や大ケガをして仕事を辞めたことがある』人は、調査した65歳以上の男性全体の4.3%だが、年収100万円未満では19%もいました。病気で仕事を辞めると下流老人になるリスクが高い」(三浦氏)

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
食・住に困窮する下流老人を取り上げ貧困について考察する本
「上流老人」はお金でお金を買い、「下流老人」は宝くじを買う
資産200万円未満の超下流老人 定期預金持ちは28.7%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP