ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディーン・フジオカ 事務所の先輩・福山を超えたランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月2日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『あさが来た』の平均視聴率は今世紀最高の23.5%。この快挙は、五代友厚役を好演したディーン・フジオカ(35才)の存在抜きには語れない。新作のテレビCMも次々にスタートし、国内初主演ドラマ『喧騒の街、静かな海』(NHK)への出演も決まった。そのイケメンぶりに女性ファンからは、“おディーン様”のニックネームまでついた。

 当の本人はそんなブームにも、「興味を持っていただけるのはうれしい」と飄々としたものだが、そんなクールなところも、“おディーン様”の魅力の1つ。

 女性情報サイト『VenusTap』で行われた《この春、お花見に呼びたい芸能人は?》のアンケートでは堂々の1位となった。ちなみに2位は中居正広(43才)、3位は長瀬智也(37才)と岡田准一(35才)で、4位に福山雅治(47才)がランクイン。

「ディーンの赤丸急上昇の人気ぶりは把握していましたが、この面々を抑えての1位にはスゴイの一言です。しかも、同じ所属事務所で、難攻不落の福山さん超えには驚かされました」(芸能関係者)

 ディーンと福山──甘いマスクを持つだけでなく、2人にはマルチな才能で共通点がある。

 ディーンは母親がピアノの先生だったこともあり、ピアノやドラムなどさまざまな楽器を演奏できる。また、作詞・作曲をして、自ら歌を歌うこともできるシンガーソングライターで、この3月末には日本でファーストアルバムも発売した。言わずもがな、福山は大人気アーティストだ。その上、2人とも人気俳優で既婚者という一面も共通している。

 オリコンが毎年バレンタインデー(2月14日)に合わせて実施している「恋人にしたい男性有名人」アンケート。去年のランキングでは福山が1位で、ディーンはランク外だった。ところが、今年2月には福山が3位で、ディーンが6位まで追い上げ、その2か月後の“花見ランキング”では大先輩を逆転してしまったのだから、ディーン人気の勢いがよくわかる。

『あさが来た』、『ダメな私に恋してください』(TBS)が終わり、“ディーン・ロス”に陥っているファンだが、もう少しだけ我慢。

「この4月クールでは先輩・福山が満を持して月9ドラマに出演します。同じ事務所のディーンにとっては充電期間。次のクール以降、また連ドラに登場するでしょう」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
コクーンシティ市長就任の広瀬すず キュートな敬礼姿披露
福山雅治の中学時代恩師 モテモテ福山を大仁田厚と勘違い
福山雅治・小西真奈美 4年愛結実の「極秘結婚プロジェクト」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP