ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

霞が関役人専用の「特権保育所」 セキュリティ万全で安い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待機児童問題を議論する国会議員や省庁の役人たちが子供を預けている「超豪華」な保育所があることをご存じだろうか。子供を保育所に預けられるかヤキモキしている保護者たちを尻目に、この格差、ひどすぎないか。

「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログへの共感から湧き上がったママたちの怒りがいまや山を動かしつつあるが、待機児童解消の旗手として一躍「時の人」となったのが山尾志桜里・代議士だ。5歳の男児を持つ山尾氏はこのブログを紹介し、国会で待機児童問題を追及、当選2回生ながら民進党が結成されると政調会長に大抜擢された。

 だが、署名に応じた2万人以上のママたちのほとんどが、実は議員会館の中に高度なセキュリティで守られた「豪華保育所」があり、山尾氏はじめ国会議員、秘書たちが恩恵を受けてきたことを知らないだろう。

 キッズスクウェア永田町──衆院第二議員会館の地下3階に、そんな文字がドアに書かれた部屋がある。東京都の認証保育所で、総面積は約275平方メートル。屋外には154平方メートルの天然芝の園庭を備えており、山尾議員もここを利用していることを認めている。

 議員会館に「国会保育所」がある一方で、霞が関には「役人専用の特権保育所」が整備されている。

 厚生労働省の本庁舎(中央合同庁舎5号館)には、安倍政権の「女性が輝く社会」政策に合わせて2014年12月に「ふくろう保育室」がオープン。開所式には塩崎厚労相が出席し、「女性の活躍促進、両立支援は安倍政権の重要施策だ」とぶちあげた。この保育所、厚労省の職員のための事業所内保育所で、認可を受けている。

「定員19人のうち、従業員枠の14人は基本的に厚労省職員の子供を預かります。認可保育所なので残り5人が千代田区民のお子さんを預かる区民枠になっている。現在は区民枠に1人空きがあります」(厚労省福利厚生室)

 庁舎内に入るときは受付でチェックがあるため、こちらもセキュリティは万全だ。しかも、認可保育所だから保育料は議員会館の認証保育所よりさらに安い。千代田区の基準では、年収1000万円以上の世帯でも第1子の3歳児の保育料は月額2万2600円、4歳児は1万8000円となっている。「従業員枠も原則は同じ」(同前)というが、認可保育所に落ちたために保育料が高い認可外保育所に通わせている世帯には垂涎の的だろう。

 この他にも、霞が関には文部科学省や国土交通省の庁舎内に保育所がある。その先駆が2001年に開設された文科省の「かすみがせき保育室」(定員30人。保育時間は午前8時30分~午後10時)だ。

 こちらは認可外保育所だが、庁舎の屋上に広い園庭があり、文科省の職員共済組合が経営しているため、保育料は0~4歳児まで月額6万円前後と安い。民間からの申し込みもできるが倍率が高く、文科省職員が最優先される。

 第1次安倍内閣の時に文部科学政務官を務めた小渕優子氏も、退任後に同保育室に子供を預けていた。

 厚労省は全国の待機児童の総数を約2万3000人と発表していたが、認可保育所に落ちて育児休暇を延長したり、仕方がなく高い認可外保育所に預けて空きを待っているケースをカウントしていなかった問題が発覚。「わざと少なく見せていた」と批判された塩崎恭久・厚労相はそうした人数を含めると本当の待機児童は公表の3倍、約7万2000人に達することを国会で認めた。

 自分たちが利用する保育所がどこよりも充実しているようでは、待機児童ゼロの本気度を疑われても仕方がない。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
待機児童問題の基本「認可保育所」「認証保育所」の違いとは
2.5万人と言われている待機児童数 潜在数は85万人との推計
「待機老人52万人・待機児童2万人」そんなわけないだろ…

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP