体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新年度を迎えたビジネスパーソンへ 秋葉原UDXで村上龍からの“心に響くメッセージ”の数々を発見

IMG_4802

今年2月に秋葉原へオフィス移転してからというもの、アキバ界隈の情報に敏感なガジェット通信ですが、今回はユニークな取り組みをしているビルをご紹介します。

IMG_4747

先日、秋葉原駅の電気街口にそびえ立つ複合型オフィス“秋葉原UDX”を訪れた時のこと。

私、5階のオフィスロビーにて、ボーっとしてはいけない時間にボーっとしていたんです。

IMG_4755

筆者の目の前には大型ビジョンのデジタルサイネージが。最新のニュース、天気、為替などの情報が次々と映し出されていました。

IMG_4769

すると突然、

ロビーで待ち合わせ中の
新社会人と
新社会人の気持ちを忘れてしまったみなさんへ。

村上龍さんよりメッセージが届いています。

というコメントが出現。

村上龍さんと言えば、小説『限りなく透明に近いブルー』や『コインロッカー・ベイビーズ』などで知られる芥川賞作家であり、経済・経営をテーマとしたトーク番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)の司会を務めるあの方です。

新社会人? ガジェット通信ではなじみのない言葉なので気にしていませんでしたが、もう新年度がスタートしたのですね。とはいえ、新社会人の頃のフレッシュな気持ちなど忘れてしまった筆者にも、メッセージを受け取る権利はあるのです。

IMG_4770

「失敗」

ある著名な経営者は「1勝9敗」でいいんだと著書に書いています。
たくさんチャレンジして、たくさん失敗しなさいということです。
ただ、たいていの人は、失敗したら取り返しのつかない事態に陥ることも多いんですね。
「失敗を恐れない」などと立派なことを言う人がいますが、
本当は誰も失敗なんかしたくありません。
でも、この先、必ず「これだけは絶対に失敗できない」ということが訪れます。
それを見極めることが何より大切です。
「絶対に失敗できないこと」を発見できれば、
9割方成功したも同然です。

非常に感銘を受けたので、全文を掲載させていただきました。決して上から目線ではなく、会社員の立場に立った本音の言葉だと思います。新社会人の頃にこんな言葉をかけてくれた先輩がいたら、一生その人についていったのに! という人も多いのでは?

IMG_4812

聞いてみると、建物を所有するNTT都市開発が、夢を抱えた新社会人に向けて、ビル内の様々な場所に村上龍さんからのメッセージを掲示しているのだとか。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。