体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】ディズニーランド・パリを攻略するための6つのポイント

フランスのパリ郊外にある、ディズニーランド・パリ(以下、DLP)。2016年3月に筆者が経験した、DLPを楽しむための6つのコツをお伝えします!

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

1:ディズニーランド・パークとウォルトディズニー・スタジオの違い

東京ディズニーリゾートが「ディズニーランド」と「ディズニーシー」に分かれているように、DLPにも大きく二つのエリアに分かれています。それぞれの特徴は、ざっくり言うと以下のようになります。

・「ディズニーランド・パーク」・・・ディズニーキャラクターとの触れ合いを楽しめる場所。パレードもこの「パーク」のみで行われる。東京ディズニーランドと共通のアトラクションも多く、安心して楽しめる。ランドマークのお城は、「眠れる森の美女」オーロラのキャッスル。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

・「ウォルトディズニー・スタジオ」・・・映画というコンセプトに焦点をあわせた場所。撮影スタジオにいるような雰囲気で、映画の中に迷い込んだ気分になれる。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

参照地図:Map of Disneyland Paris

事前に行きたいアトラクションを公式ホームページでチェックして効率よく回れば1日で両エリアとも訪れることが可能かもしれませんが、やはりおすすめは2日間かけるコース。「それでも、1日しかディズニーランドにいられない!」という方のために、裏ワザをご紹介したいと思います。

2:至れりつくせり、ディズニーランド系列ホテルへの宿泊

それはずばり、ディズニーランド・パリが運営するホテルに宿泊すること。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

現在7つあるディズニー・ホテルに宿泊すると、通常午前10時開演のディズニーランドに8時から入場できるのです。これは「エキストラ・マジック・アワー」(Extra Magic Hours)と呼ばれていて、追加料金はかかりません。朝10時まではオープンしていないアトラクションも多いですが、人の少ない園内をすいすい歩いて撮影してまわれる快感はたまりません!そしてオープンしていなくても、人気のアトラクションに早めに並び始めるということも大丈夫(ただしファストパス発券は10時以降)。オープンと同時に乗れたら気持ちいいでしょうね!オープンしているアトラクションは、公式ホームページから確認できます。

そしてこのホテル宿泊者に対しては、人気のレストランをホテル・コンシェルジュが予約してくれるサービスもあります。後述する大人気レストラン「ビストロ・シェ・レミー」(Bistrot Chez Rémy)も待たずに入店できるという嬉しいオプション付きなのです。

1 2 3 4 5次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。