ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイ大回顧展【DAVID BOWIE is】開催会期と会場が遂に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年、69回目の誕生日である1月8日に待望の新作『★』(読み方:ブラックスター)を発表し、その2日後、18カ月に渡る癌との闘病の末にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。本日7日、その世界観やキャリアを総括した大回顧展【DAVID BOWIE is】の開催会期と会場が遂に決定した。

ボウイ回顧展の会場内写真など

 この回顧展は2013年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下V&A)よりスタートし、トロント、サンパウロ、ベルリン、シカゴ、パリ、メルボルンを巡回し、現在はオランダ・フローニンゲンで開催中。世界各国で展覧会の動員記録を塗り替え、これまでに累計140万以上の人々が訪れている。そしてアジアでは唯一の開催国となる日本では、デヴィッド・ボウイの70回目の誕生日となるはずだった2017年1月8日より4月9日まで、東京都品川区・寺田倉庫G1ビルにて開催されることとなった。

 デヴィッド・ボウイは、時代と共に変化し続ける孤高の存在にして、英国を代表するロック界最重要アーティストの一人だが、ミュージシャンの枠を超えた類まれな表現者として、音楽のみならず、アート、ファッション、文化そして社会に影響を与え、全世界の人々をインスパイアし続けてきた。43年前の4月5日には豪華客船オロンセイ号で初来日を果たし、日本と様々な交流を行ってきたことでも知られている。

 【DAVID BOWIE is】では、V&A監修のもと、デヴィッド・ボウイの世界観を忠実に表現する。アーカイヴから集められた300点以上に及ぶ重要かつ貴重な品々を、ファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムのカテゴリーに分け、音楽と映像による演出効果を用いながら展示する予定だ。日本を愛し、日本人を魅了し続けるデヴィッド・ボウイの軌跡を一から辿ることができるだろう。

◎大回顧展【DAVID BOWIE is】
会期:2017年1月8日(日)~ 4月9日(日)
会場:寺田倉庫 G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
※入場チケットの販売情報などは決定し次第、順次公式サイトで発表

◎日本開催にあたってV&Aキュレーターからのコメント
【DAVID BOWIE is】の展覧会が、来年東京で開催されることをとてもうれしく思います。ボウイのキャリアのごく初期から全編に渡り、日本と日本の文化はボウイを魅了し続け、彼に多大な影響を与えてきた。ボウイが仕事上いくつもの素晴らしい関係を築き、そしてたくさんのファンのために何度も演奏してきた国である日本は、アジア唯一の開催国に本当にふさわしいと思います。
― ヴィクトリア・ブロークス (V&Aエキシビジョン・キュレーター)

◎ニューアルバム『★』(読み方:ブラックスター)
[Blu-Spec CD2(日本のみ)仕様]※歌詞・対訳・解説付
2,500円+税 SICP-30918

◎クレジット
ロンドン展 展示写真:Courtesy David Bowie Archive (c)Victoria and Albert Museum, London
ロンドン展 外観写真:(c) Victoria and Albert Museum, London.
初来日時 船上写真:Koh Hasebe/Shinko Music
アルバムジャケット:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

関連記事リンク(外部サイト)

レディー・ガガがデヴィッド・ボウイの顔の巨大タトゥーを入れる
デヴィッド・ボウイの名盤『ステイション・トゥ・ステイション』の再現ライブが5月に開催
レディー・ガガ、グラミー授賞式でデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンス決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP