体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが、夢の中古キャンピングカーの買い方を探る!

▲同じトラックベースのキャンピングカーなのに値段はバラバラ。ハイエースベースや軽自動車ベースもあるし、どうやって自分にピッタリのものを選べばいいか、Boseさんはお手上げ状態です……

▲同じトラックベースのキャンピングカーなのに値段はバラバラ。ハイエースベースや軽自動車ベースもあるし、どうやって自分にピッタリのものを選べばいいか、Boseさんはお手上げ状態です……

中古車でキャンピングカーを買うとき、どこを見ればいいの?

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれなかったDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

今回はフジカーズジャパン厚木店にお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

編集部ペリー(以下、ペリー):いやあ、Boseさん。キャンピングカーと一口に言っても、いろんなタイプがあるんですねえ。実際に買おうと思っている人は大変だ……。自分だったら迷っちゃいますよ。

Bose:本当だよね。しかも中途半端に勉強して「自分はこれがいい!」と決めつけてお店に足を運ぶと、実は自分の使い方にマッチしていないものを選んでしまうということもありそう。

ペリー:よく「家は3回建てないと満足できない」と言いますが、キャンピングカーも同じかもしれないですよ……。

Bose:う~ん…。キャンピングカーってなんとなく憧れていたけれど、普通の中古車を選ぶ以上にディープな世界かもしれないな。今回は初めてキャンピングカーに乗る人のために「失敗しない中古キャンピングカーの選び方」を里鍋店長に教えてもらおうよ。

▲トラックよりもハイエースの方が運転しやすそうだけれど、小さい分、狭くなる。自分にピッタリのサイズ感がまったくわからないというBoseさん

▲トラックよりもハイエースの方が運転しやすそうだけれど、小さい分、狭くなる。自分にピッタリのサイズ感がまったくわからないというBoseさん

まずはどのくらいの人数でどんな場所に行きたいかを考えよう

Bose:店長、いろいろなタイプのキャンピングカーを見せてもらったけれど、奥が深すぎてわけがわからなくなってしまいました……(笑)。そこで僕にピッタリの車に出会う方法を教えてもらっていいですか?

里鍋店長:Boseさんが悩んでしまうのも無理ないです。みなさん、“キャンピングカー”という言葉でなんとなくひとくくりにしていますが、実は用途によって選ぶモデルはまったく変わってきます。

Bose:僕は基本的に小さな車が好きなので、乗るなら軽キャンパーがいいなって思ってたんだけど……。

里鍋店長:軽キャンピングカーは値段も手ごろですし置き場にも困らないのでキャンピングカーショーなどでも大人気です。一方で居住スペース、就寝スペースはミニマムサイズ。ほとんどの車は就寝人数が2人となっていますが、正直2人で寝ると寝返りを打つことも難しい。快適に過ごすなら1人用、あるいは1人+ペットと割り切った方がいいでしょう。

Bose:軽キャンパーの中を見せてもらって、僕もそう思いました。室内にベッドを作ると車内であぐらをかいてキッチンでインスタントラーメンをすするのが精いっぱいだったもん。

里鍋店長:実際に軽キャンピングカーに乗っている人は、旅の中で100%車内で寝るのではなく、今日は旅館、今日はテント、今日は車内という風に使い分けています。たまに車内で寝るなら2人でも十分なスペースがありますよ。ただし、布団で寝るのではなく寝袋になりますね。

▲軽キャンパーだとBoseさんが横になって頭のすぐ上が運転席になります。何日も2人で過ごすのはのは大変そう……

▲軽キャンパーだとBoseさんが横になって頭のすぐ上が運転席になります。何日も2人で過ごすのはのは大変そう……

1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy