ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

問題作!?「真マジンガー 衝撃!Z編」よりマジンガーZのフィギュアが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイナマイトアクションGK!Limited No.2 真マジンガー 衝撃!Z編  マジンガーZ。価格は16,000円(税抜)となっている。 (C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

永井豪関連のフィギュアを数多く手がけてきたEVOLUTION・TOY。以前、当サイトでも「ゲッター1」を紹介したが、またも魅力的なアイテムを送り出してくれた。「真マジンガー 衝撃!Z編  マジンガーZ」だ。

2009年に放映された「真マジンガー 衝撃! Z編」は、永井豪のコミック「マジンガーZ」を原作とするテレビアニメ。若手時代に「太陽の牙ダグラム」「聖戦士ダンバイン」「獣戦士エルガイム」などのサンライズ作品に関わり、後年監督としても「機動武闘伝Gガンダム」「鉄人28号」を手掛けるなど、巨大ロボットアニメの世界で存在感を放ってきた今川泰宏が制作した作品だ。

その第1話でオチが明かされるという視聴者の度肝を抜く演出や、他の永井作品へのオマージュが多数採用された「大人のために作られたマジンガーZ」と言える作品で、深夜枠での放送も手伝って、子供時代に第一作を観ていた中高年の間でも話題を呼んだ。

マジンガーZのデザインにおいても大人の目線は意識されたようで、オリジナルの丸みを帯びたフォルムを損なうこと無くスマートさと重量感を両立したプロポーションが印象的。今回、リリースされたフィギュアは、そのクールなデザインが一層ブラッシュアップして立体化したもので、ダイナマイトアクションシリーズの特徴である磁石と11ミリ鉄球を装備した関節ももちろん採用されている。

ダイナマイトアクションシリーズからリリースされている他の永井キャラクターと合体させて遊んでみてはいかがだろうか。

※彩色は、手作業で行っております。多少の塗りムラや色味の濃淡などが個々にあります。予めご了承下さい。 ※写真は試作品です。実際の商品とは多少異なる場合があります。

全高約17cmとは思えない量感。「超合金Z」の鉄壁ボディをしっかりと再現している (C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

背部には、スクランダーパーツを装着できる。(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

飛行パーツ「ジェットスクランダー」を装着したマジンガーZ。(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

古代ミケーネの巨神ゼウスの右腕より作られた最後にして最強の翼「ゴッドスクランダー」。全幅約38センチもある。 (C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

▼リンク
EVOLUTION・TOY公式サイト
http://evolution-toy.com/da/l02_sinmazinz.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。