ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫を飼いたくても飼えない女性必見!猫と暮らせる「ねこシェアハウス」誕生!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) facebook/ねこシェアハウス299「myu house」東京

猫と暮らせる女性専用のシェアハウス

一人暮らしだと、猫を飼いたいと思っても、なかなか踏み切れませんよね。日中、家を空けている間、エサやりやトイレのお世話もできませんし、そもそも賃貸だとペットNGの物件がほとんどです。

本当は猫を飼いたいけれど諦めざるをえない人がいる一方で、人の助けを必要としている「保護猫」もいます。もしも、この両者が出会えたら、お互いにとってどんなに素敵なんでしょう。

そこで誕生したのが、ねこシェアハウス299です。ねこシェアハウスは、人と猫の共生を実現する、新しい住まいの形を提案。定員5人と保護猫5匹が一緒に暮らし、保護猫は新しい飼い主を見つけると、ハウスを卒業していきます。


(C) 共同通信PRワイヤー/メリット

みんなで保護猫のお世話を

日本では、今、年間10万匹もの猫が殺処分されています。猫の殺処分を減らすために動物保護団体は、猫を引き取ってお世話していますが、収容数が限られており、スタッフや資金にも限界があります。

ねこシェアハウスでは、保護団体から猫を一時的に預かり、新しい飼い主が見つかるまで、猫のお世話をすることで、猫の殺処分を減らすことに貢献しています。シェアハウスという形態をとることで、一人暮らしなどで猫を飼えない環境にあった人が、猫のお世話をすることができたり、猫の飼い方が分からなくて飼えなかった人が、猫の飼い方を学んで自信をつけたりすることができます。ねこシェアハウスは、「猫のお世話をしたい人」と「保護猫」をつなぎ、さらに「猫を飼える人を増やす」ことに役立っているんですね。

ねこシェアハウスに入居するには

ねこシェアハウスは現在、第一弾としてオープンした練馬区の平和台と、第二弾の小竹向原の2軒があります。平和台の方はすでに満室ですが、小竹向原ではまだ若干空室があるようです。こちらから見学予約ができますので、興味を惹かれた方はアクセスしてみてください。


(C) 共同通信PRワイヤー/メリット

さらに今後は、練馬区、板橋区を中心に年1軒ペースで増やしてく予定なんだとか。男性が入居できる物件も検討中とのこと。猫と暮らしたい、猫のお世話をしたいと思っている方は、どうぞ定期的にチェックしてみてくださいね。

[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP