ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公道を使った「ロボットタクシー」の実験が、ついに開始された!(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。そんな夢みたいなことが、現実になりつつあります。

もう、夢じゃない。

実験に参加したのは、公募で選ばれた10組のモニター。アプリを使ってロボットタクシーを呼び出します。

その到着を、そわそわした様子で待っている女性。

「小さいときに思い描いていた夢が現実になろうとしています。すごく嬉しいですね」

「自動運転を公道で行うことについては、夢への第一歩であると捉えています。モニターの方々と一緒に、世の中を切り開いていくんだという感じです」

とは、このプロジェクトの担い手であり、優れた自動運転技術をもつ株式会社ZMPフェロー、景山浩二氏の弁。

いよいよ、自宅に到着!

さあ、いよいよ呼び出したロボットタクシーが自宅に到着しました!

のちにこの女性が、「まるで人が運転しているみたいに滑らか」と話した実際の走行の様子は、以下の動画で確認できます。

ちなみにロボットタクシーは、2020年東京オリンピックでの実用化を目指しているのだそう。現在は、実証実験として有人/無人の自動運転技術の実績を積み重ねているというわけ。

とはいえ、現在の道路交通法では自動運転が認められていないのも事実。特設HPでは、自動運転解禁を目指すキャンペーンも行われている模様です。

Licensed material used with permission by Robot Taxi

関連記事リンク(外部サイト)

「ボルボ」が2017年までに自動運転車両を実用化するかも?
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
魚のように水中で呼吸ができる「未来のマスク」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP