ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前屈みをその場で改善!iOSとAndroidに対応した姿勢矯正ガジェット「Backbone」は5000円で購入可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前屈みをその場で改善!世界初の姿勢矯正ガジェット「Backbone」に釘づけ

iOSとAndroid

うつ病防ぐ

スマホやパソコン普及の裏で、増え続ける不定愁訴。原因は、前傾姿勢による骨格の歪み。肩こりや頭痛はもちろん、ひどくなると、うつ病や脊椎摩耗を引き起こす可能性もあるという。

しかし、自分の力で修正していくのは、なかなか難しいもの。ここはやはり、ITの力を借りたい。折しも、Kickstarterでぴったりのアイテムを発見。カイロプラクターも太鼓判を押す、世界初の姿勢サポートガジェット「Backbone」だ。

・サポーターとアプリが震えてお知らせ

「Backbone」は、ベルト式のサポーターと専用アプリのセットで利用する。

まず、サポーターを背中に装着、同時にアプリを立ち上げておく。これがBluetooth経由でユーザーの体の動きや位置を感知。悪い姿勢になると、サポートとアプリが震えて通知してくれる。姿勢のみならず作業中に休憩が必要な場合も、同様に知らせる仕組みだ。

・使いやすくて低価格

サポーターは、S、M、Lの3種類あり、体格に合わせて選べるようになっている。

調節も自由。リュックのベルトと同じ感覚で装着できる上、軽量だから違和感もない。アプリは、iOSとAndroid双方に対応。バッテリーは1度充電すれば、数週間利用可能だ。

すでに資金調達済みの本品。現代人の健康障害の1つである“前傾姿勢”に、着目したところがウケたのかもしれない。支援は5月4日まで。49ドル(約5,400円)から受け付け中。

Backbone/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。