体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Ericsson ”NOZOMI”がNenaMarkサイトに登場?(更新1:”Aoba”も?)

前に噂が流れていたSony Ericsson “NOZOMI”を名乗る端末のスペックとスコアがベンチマークアプリNenaMarkの公式サイトに登録されています。NenaMarkには、OSはAndroid 2.3.5、CPUクロックは1.5GHz、GPUタイプはAdreno 220、解像度は1,280×720ピクセル(HD)と掲載されています。CPUクロックとGPUタイプからSoCはおそらくQualcomm MSM8x60(デュアルコア)。”NOZOMI”はSony Ericssonの2012年フラッグシップモデルと噂されている端末で、NenaMarkの情報が偽装でなければ、”NOZOMI”は噂どおりHDディスプレイを搭載したデュアルコア端末となりそうです。更新1:同じ日に”Aoba”(青葉?)を名乗るソニエリ製かもしれない端末の情報も登録されていました。登録されているスペック情報は”NOZOMI”と同じ。偽装かも知れませんが・・・。

Source : NenaMark(NOZOMI)、(AOBA) 


(juggly.cn)記事関連リンク
DROID RAZR"Spyder"がNenaMarkサイトに登場?
NTTドコモ、10月5日にLYNX 3D SH-03Cのソフトウェアアップデートを実施、エリアメール・YouTubeの3D動画再生に対応、端末単体でのスクリーンショット撮影機能が追加
NTTドコモ、MEDAIS N-04CのFeliCa問題を解消するアップデートを配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。