体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#28 旅すること

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これからは、セルフヒーリングの時代だと思う。患う前に、心も体も自分で手入れをし、それでも調子を崩してしまったらなら、それに対応する術をいくつか持ち合わせておく。こう書くと、至極当たり前のようだが、これまで多くの人々は、自分のことなのに、病気を医師任せにし過ぎてきたように思う。日々の仕事の多忙さに、自身を省みる時間を失い、廃品のようになっていく様をなす術なく見送っていくのが、人生の一面だとしたら、それはあまりにも無策ではないだろうか。知恵の使い方を忘れてはいまいか。この連載は、ヒーリング放浪記という副題があるように、様々な癒し方を、野で花を摘むように当て所なく紹介してきた。どれかひとつでも心に留まることがあったなら、それを是非試してもらい、セルフヒーリングの一助となることを願っている。

私は、常々、セルフヒーリングというのは、大げさにいうならば、生命維持活動として当たり前であると同時に、とても人間的な知的な行為だとも思っている。いろいろ突き詰めていくと、人間が分化させ発展させてきた学問も最終的には、いかに自分自身を快適に保つかという、セルフヒーリングに繋がっていると考えている。

それは、思考の果ての結果内容がヒーリングに活かされるという意味でもあるし、思考するという行為自体がヒーリングと言える面からする双方においてだ。思考というのは、思いを巡らせるという言い回しがあるように、巡らせることなのだ。巡らせること。それはヒーリングそのものだ。

ヒーリングというのは、突き詰めると、滞らせず、常に巡らせておくことを目指す考え方、行為である。緊張というのは、どこかを萎縮させ、筋肉や思考を固くし、体液や気の流れを滞らせてしまう。結果、不調に繋がってしまう。リラックすることの重要さは、滞らせないためにある。

要は、それぞれが、自分の好みに合わせて、自分自身全体を適度に緩ませ、固まらせずに常に巡らせておくことが、ヒーリングのポイントとなる。

繰り返しになるが、常に巡らせておくこと。これがセルフヒーリングにおいて、最も大切なことだ。

巡るという言葉から繋げて、今回は、「旅」「旅行」を取り上げてみたい。

2ページ目につづく

 

最近気づいたことだが、私は人に会うと、よく「どこか行きましたか?」と質問していることが多い。知らずのうちに、移動すること、旅行、旅することを気にかけているようだ。

住み慣れた場所から、いったん離れて他所へ行くと、様々な楽しさを発見する。食べ物、風習、季節、風、言葉、色使い。それらの違いを肌で感じると、自分に心地よい揺さぶりが入る。自分の個性などという、ありもしない張りぼてをでっち上げてしまいがちな日常を離れると、そういう馬鹿げた人工物に揺さぶりが入り、割とあっけなくヒビが入ったりする。それは極上の経験ではないだろうか。

固定化、つまり滞ろうとする自分に亀裂を入れることは、とても創造的だし、知的なことだ。別に知的であることを上に見るつもりはないが、揺さぶりと楽しむという精神の位置は、肉体的というよりも知的という言葉が親しむ。

そういった心への影響により、滞りが抜けることも旅ならでは、と思う。その一方で、やたらと歩くことも体の中の様々を巡らせるという意味で、わかりやすく癒しへと繋がっていく。

つまり心身を手っ取り早く刷新しようと思うなら、旅に出るのがいい。彷徨い、失い、刻々と新品になっていくのだ。

そのためには、あまり下調べも越さないことだ。それらによって団子状に並んだ旅の目的とやらを、順番にこなしていくことは、団子という過去の自分の典型をナゾルだけであり、ちっとも自由ではない。壁に貼られたノルマ表にチェックを入れてからタイムカードを押すのと何ら変わりはない。決して綿密に企てられた旅の計画を全面的に否定はしないが、私たちの自由には、やはり空白が必要なのだ。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy