ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会議室の使用状況が一目でわかるLED照明「Illumigami」!折り紙のような形状でインテリアにも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスの世界では打ち合わせが欠かせないが、会議室の使用状況をフォローするのはなかなか難しいもの。

「Google Calendar」などのアプリケーションはあるが、「今、どこの会議室が空いているか」程度はわかるものの、予約状況のプロセスまではあまり把握できなかった。

 

・LEDライトの色で、“会議の使用状況”が一目でわかる!

そこでVigetが開発したのが「Illumigami」という吊るすタイプのLEDライト。現在の点灯カラーによって、今どの会議室が使用中で、どこが空いているのか、一目で分かるツールだ。

「Illumigami」の名は、“illumination(照明)”と、その外郭部分が“折り紙”のような、ユニークな形状をしているところから名づけられた。

“T-Glase”という特殊な透明なフィラメントが使われていて、これのおかげで複雑な形状を実現している。

・ボール型の内部構造、Wi-Fi接続機能を保有

折り紙の外郭部分に包まれるようにして、内部には回路基盤とさまざまなパーツで構成された“ボール型の電気構造”がある。

この電気構造部分には、ダイレクトにWi-Fiに接続する機能があり、カレンダーアプリと連動することで、予約状況データを参照し、ライトのカラーを点灯させたり、変更したりする仕組みだ。

・“部屋のステータス”に合わせ、全4色に変化

“使用中”のときはライトは赤色、“まもなく使用予定”黄色に、“空室”緑色に、“5分後くらいには空室”の場合には青色に点灯する。

まるで信号のように、カラーが変化することで、周囲の人に合図を送って知らせるというわけ。

折り紙を思わせるライトは見た目にもオシャレ。オフィスに導入してみてはいかが。

Illumigami

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP