ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

砂糖と塩を同色の容器に 「S」のシールは砂糖?塩?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せてきたのは、出版社勤務のご主人(39歳)。奥様(28歳)は家事の「時短術」を実践しています。

 * * *
「朝ご飯は一日のパワーの源よ」と、料理本からレシピをメモし、調理をしていた女房。「スマホでページを撮ったり、レシピの書いてあるサイトを見たほうが早いんじゃないか?」とアドバイスすると、「やってみる!」。

 でも、いざ、レシピが必要な時に「あれ? このレシピの写メ、どこに行ったのかな」。たくさん撮り過ぎて、どこに保存したのか分からなくなってしまったんです。「アナタが変なこというから、何倍も時間が掛かっちゃったわよ!」って、オレに文句かよ!

 調味料も、「オシャレな容器だと気分が上がるの」と、同じ色の容器を数個買ってきて入れてしまったため、砂糖と塩の区別がつかず、イチイチ舐めて確認しています。

「目印を付けて、分かるようにしたほうが時短だぞ」というと、片方の容器に「S」のシールを貼る女房。「このSって何だ?」「アナタって意外とおバカさんね。砂糖は英語でSugar。頭文字はSよ」。塩も英語はSaltsでSだよ!

 翌日、「アナタが変な情報を入れるから、シールのSが砂糖か塩か分からなくなったじゃないの!」って、またオレのせいかよ!

「Sじゃなく、漢字で『砂糖』と書けよ。ひらがなでもいいんだぞ」「何よ、馬鹿にして。アナタのそのイヤミが私の悩みなのよ。だいたいアナタって昔から……」。シャラップ! 時短だろ! しゃべってないで、早く朝食を作ってくれ!

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
DHC、キッコーマン…こんなにある! 人気レシピサイト
38歳アホ妻 招待状の「令夫人」に「令って誰よ!」と激怒
お風呂でオナラ泡に挑戦した妻 力みすぎて泡でなく実が噴出

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。