ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ主演・高畑充希 社長令嬢で偏差値70超名門校出身

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 目玉企画となるはずだった有名作家の連載が白紙化。非常事態を前に、彼女は宙を仰いで嘆息する。「ん~。どうしたもんじゃろのぉ…」──。第一話の放送開始わずか1分。画面に映し出される女性編集長は、すでに一片の違和感もない。圧倒的な女優の力量がそこにある。

 4月4日、高畑充希(24才)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が始まった。戦後日本を代表する婦人誌『暮しの手帖』の創刊者の半生を描く同作は、平均視聴率23.5%を記録した『あさが来た』の勢いそのままに、早くも話題となっている。

「昭和初期をたくましく生きたヒロインのイメージ像を完璧に表現する充希さんの演技に、スタッフも感動しています。撮影現場での彼女は、母親役の木村多江さん(45才)や子役たちとふざけあって、毎日和気あいあいといった感じ。父親役の西島秀俊さん(45才)は結核ですぐに亡くなってしまう役なので充希さんとの共演はないのですが、撮影セット内に遺影を置いて、家族役のみんなでいっぱい話しかけています。本当に温かい現場です」(NHK関係者)

“朝ドラ”のヒロインといえば長くスターへの登竜門とされてきたが、高畑の場合はすでに貫禄充分。女優歴は10年に及び、昨年の出演作を見ると、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(同)、『煙霞』(WOWOW系)といった連ドラに加え、映画や舞台にCMと、もはや見ない日がないほど。

 今回の朝ドラヒロイン役で国民的女優の地位を不動にした高畑の素顔を探るため、女性セブンは西に飛んだ。

 高畑は1991年12月、大阪府東大阪市で生まれた。府内第3の人口を誇るベッドタウンであり、中小企業の密集した関西有数の「ものづくりの町」でもある。水運に恵まれたことで古くから工業が発達し、2009年に打ち上げられた民間初の人工衛星『まいど1号』もこの地で作られた。

 高畑の実家も代々の会社経営者だった。椅子に使用されるスプリングや弾性材のメーカーで、2015年度の年商は12億円。創業70年を迎え、国内外に支社を持つ堅実な企業である。起業したのは高畑の祖父で、彼は地元でも名の知られた大地主だった。

「お祖父さんは2年前に亡くなられたんやけど、その際はシェラトン都ホテルの広間で盛大なお別れ会が開かれたほどです。財界人の偉い人たちがたくさん来て、すごかったんやから」(高畑家の知人)

 同社の社長は高畑の父親が務めている。つまり高畑は社長令嬢として育った。

「実家は7階建てのマンションの最上階。土地も建物もすべて高畑家のもんですよ。お父さんは背が高くて、織田裕二に似た超イケメン。お母さんもべっぴんさんです。今、充希ちゃんは東京で生活しとるけど、時々帰ってきてますよ。大阪で撮影があるときには共演者のかたを実家に連れてくるんですわ。そん時はマンション前にタクシーがズラリと並ぶんで、すぐわかる」(別の高畑家の知人)

 裕福な家庭に生まれた高畑は、幼稚園の頃から塾に通い、小学生に上がるとピアノや声楽、習字といった習い事に追われる日々を送っていた。

「ご両親が教育熱心でね。英才教育みたいなもんです。充希ちゃん、小さい頃からよう勉強できたもん」(前出・高畑家の知人)

 小学校卒業後、高畑は中高一貫の超名門私立中学に進学した。京大や阪大に毎年50人以上合格させる関西きっての進学校として知られ、偏差値はなんと70超。しかし高畑は中学で退学、東京の高校へ進学した。舞台女優になることを心に決めていたからだ。

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
新朝ドラヒロインの高畑充希 宇多田主題歌に大感激
伊藤英明 「フッフッ」と声を出しながら妊娠中の妻と散歩
朝ドラ新ヒロイン高畑充希を作った大物 まりや、大竹、小泉

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP