ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝くじ時効当せん金詐欺が増加 一般人に配当されることはない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ最近のデータによると、平成24年度は181億円、25年度は163億円、26年度は161億円の宝くじが換金されず時効となっている。そして、この「時効当せん金」に関する詐欺事件が全国で発生しているのだ。

「時効当せん金の配当があります。その権利を手に入れるためにはこの商品をお買い求めください」とかたり、金銭をだまし取るというもの。

 しかし、時効になった当せん金は宝くじの収益金と合算し、発売元の自治体に納められる決まりになっている。つまり、一般人に配当されることは絶対にないのだ。

 このほかにも、「情報料を払えばロト6の抽せん結果を事前に教えます」、「宝くじの高額当せん金を受け取るのに手数料が必要です」、「宝くじを販売する権利を売ります」といった事例の報告も。怪しいと感じたら、最寄りの警察署やみずほ銀行に問い合わせたほうがいいだろう。

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
宝くじ 1年間で181億円の引き換え漏れ 1000万円以上は65本
宝くじ当せん金 非課税の理由は購入代金の40%が税金だから
ミニロト 当せん金が高額の時に多く出ている7つの数字

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP