ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地産池消ブームの今 地方の回転寿司ネタが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 物流の発達で、鮮度抜群の魚が港から各地へ送られるようになった。しかし、そんな現在も、足が早かったり、漁獲高が極端に少ない魚の場合は、地元でしか出回らない。回転ずし評論家の米川信生氏は、地産池消ブームの今、地方の食材こそ面白いという。

「ほぼどの地方の回転寿司店も、地産地消のネタを握っています。でなければ、地元に進出してきた100円回転寿司チェーンと差別化をはかるのは難しいですから。地獲れ・朝獲れの魚を売りにするのは、地方の店にとって至極当然の流れといえますね」

“その土地に行かないと味わえない”プレミア感は、旅の醍醐味である。北海道や北陸は、旅の目的のひとつに回転寿司店巡りも入るほどだ。

 なかでも人気の北陸は、新幹線開通時にニュースや情報番組で回転寿司情報を多く取り上げられた影響も大きい。

 北海道の生のシシャモやハッカク、夏の三陸のホヤ、東北のメヌケやハタハタ。北陸の冬ならば、香箱ガニ、ガスエビ。駿河湾の桜エビや深海魚。変わったところでは、うずらの卵生産量日本一の愛知県豊橋市のうずらの軍艦など、全国に数えきれないほど地産地消のネタは存在する。

「地元でしか獲れない魚だから、店同士の取り合いになっています」(前出・米川氏)

 注目の地方店として米川氏が挙げたのは、岩手を中心に展開する『清次郎』。地元で親しまれている老舗魚店の直営であり、仕入れのノウハウを生かして地産地消に取り組んでいる。たとえば、全国でも人気の三陸穴子を柔らかく煮た三陸自家製煮穴子や、南部鮭燻製ロール、めかぶ軍艦、洋野町活たこ、活ほやなどがある。三陸の美味と出会える“観光地”として、足を延ばす旅行客も多いようだ。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
評論家も絶賛 駿河湾の地魚数種切り落とし軍艦巻き2貫92円
「回転寿司王」が推薦の激旨回転寿司番付は金沢勢が上位独占
静岡の回転寿司店の高さ約6cm「こぼれずわいがに」は483円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP