ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新国立競技場「A案」決定は出来レースか 「B案」設計者疑念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2020年東京五輪のメインスタジアムとなる予定である新国立競技場。その新国立に採用された隈研吾氏の「A案」が、多くの問題を孕んでいることが明らかになった。聖火台の場所が想定されていなかったことに加え、天井部分に多くの木材が使われていることから、カビや変色が懸念される。さらには、競技場周囲を樹木が覆うため害鳥被害に加え、その維持管理にも多額の費用がかかると指摘されている。

 その競合相手だった「B案」の設計者である、2013年に「建築界のノーベル賞」と呼ばれる米プリツカー賞を受賞した国際的建築家の伊東豊雄氏は、「建設工事がこのまま進めば、必ず負の遺産になる」と嘆いている。この案がなぜ選ばれたのか。

 A案が採用されたJSC(日本スポーツ振興センター)の技術提案等審査委員会の審査は、7人の審査委員が1人140点満点の採点で、「事業費の縮減」、「工期短縮」、「業務の実施方針」、「環境計画」など9項目を点数化して競われた。

 採点の合計点はA案610点に対し、B案602点。項目別にA案が上回ったのは4つで、残る5項目はB案が上回った。それでもA案が競り勝ったのは、「工期短縮」で27点もの差が付いたからだった(A案177点、B案150点)。伊東氏が首を傾げながら言う。

「A案、B案とも完成時期は同じ2019年11月末で提案しているので、これほど点数に開きが出る理由がわからない。採点結果があまりに不透明のため、今年1月、27点差の内訳を審査委員個別に開示するようJSCに求めましたが、“公表できない”とのことでした。

 納得できないので再度同じ質問をしたところ、再質疑するのであれば、“政府苦情検討委員会に申し出ろ”といわれ、まるで“政府に楯突くのか?”という高圧的な姿勢のように感じました。

 3月末には毎日新聞が7人の審査委員の個別採点についてJSCに情報公開請求したところ、審査委員の名前と採点部分がすべて黒塗りになって出てきた。何も情報が開示されなかったと同じです」

 A案がB案より優れていた点はどこなのか──外部の人間には隠されているのである。伊東氏は審査の結果が出る前から、審査委員らに強い不信感を抱いていたという。

「審査委員はほとんどが大学教授で、2人の建築家以外は建築の全体像や敷地の歴史を語る力はなかったと思います。建造物の甲乙を総合的に評価できる審査体制にあったかどうか疑問です。私のチームには180もの質問が投げられましたが、どれも工期やコスト、技術に関わる微細な事項ばかりで、採用後に答えれば良いものが大半でした。

 結果はご覧の通りです。言いたくはありませんが、最初からA案採用が決まっていた“出来レース”だったのでは、という疑念を今も抱いています。そもそも、コンペでは競合相手のプランに何か1つでも優れた点を感じるのですが、今回はそれがなかった。すべてにおいて勝っていたと思います。正直、あれほど審査がお粗末だとは思いもよりませんでした」(伊東氏)

 JSCは審査内容を非公表とする理由についてこう答えた。

「最初から審査委員には“個別の採点結果は公表しない”と伝えていました。各委員に外部から圧力がかかるなどして、今後の会議や審査の公平性が保てなくなる恐れがあるためです」(新国立競技場設置本部)

 との回答だった。

 昨年12月、政府と東京都は新国立競技場の建設費(最大1581億円)の負担割合で合意。半額の791億円を国が負担し、残りの半分(395億円)ずつを東京都とtoto(スポーツ振興くじ)の収益金で賄う算段になっている。

 建設費の負担ばかりでない。新国立は、将来的には国民の共有資産となるのだから、情報公開に応じないのは国民に対する背信行為である。

「このままでは国民の間にある“A案で新国立を建てていいの?”といったわだかまりが解消されません。そんな状態で五輪が気持ちよく迎えられるでしょうか。いま必要なのは、JSCの大東和美・理事長なり、遠藤・五輪相なりが“A案はこれだけ優れているから、大いに期待してください”と国民に胸を張って説明することです。それができないのなら、今一度、A案採用を再撤回するぐらいの覚悟を見せるべきではないでしょうか」(伊東氏)

 歴史のある神宮の森に、巨大な「粗大ゴミ」が造られることなど、国民は誰も望んでいない。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
都政への取材経験豊富な上杉隆氏が新国立問題の真相を探る本
『海街diary』出演3人の美女 たけしとコマネチ
新・国立競技場 審査員が安藤忠雄氏の選択に追随した経緯も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP