体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「収入源がひとつだけって、怖くない?」複数の仕事をかけ持ちするパラレルワークとは

H

安藤 美冬

フリーランサー/コラムニスト
1980年生まれ、東京育ち。雑誌『DRESS』の「女のための女の内閣」働き方担当相、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターを務めるなど、幅広く活動中。これまで世界54ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。『情熱大陸』などメディア出演多数。著書に『冒険に出よう』、『20代のうちにやりたいこと手帳』、新刊に『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』などがある。
公式サイト:http://andomifuyu.com/

働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっています。ひとつの仕事だけでも手一杯な人が多いのに、なぜこういった働き方を求める人が増えているのでしょうか?ノマドワーカーの先駆けとして、以前よりパラレルワーカーを実践している安藤美冬さんに話を伺いました。

仕事は才能を
開花させる手段

ーー最近は海外の仕事も増えているそうですが、年間でどれくらい国外にいらっしゃるんでしょうか?

安藤 レギュラーで海外の仕事があるわけではないのですが、今年は海外が4割、東京が5割、あとは地方が1割といったところです。仕事としては、本や記事の執筆、企業のアドバイザー。他にも政府関連の仕事がありましたね。平均すると、常時10〜15くらいの案件が動いているんじゃないかと思います。

ーー安藤さんは以前から「パラレルワーク」を実践されていらっしゃいますが、仕事をひとつに絞らないのはなぜなのでしょう?

安藤 現実的なことで言えば、複数の収入源があることで、収入が安定するということがあります。リスクヘッジになるんですよ。収入源がひとつって、怖くないですか?

あと、単純に飽きないんです。私はひとつの仕事とか、ひとつの肩書きとか、ひとつの組織とかっていう、いわゆる「これまでの働き方」にずっと疑問を持っていた人間だったんです。もちろん、ひとつのことにコミットするのはプロフェッショナルな生き方だとは思うんですけどね。でも私は、何のために仕事をするのかって考えたとき、自分がまだ気づいていない才能を開花させる手段だと思ったんです。

ーー才能を開花させる手段が仕事だと?

安藤 単純に、人って肩書きによって仕事が変わりますよね。私は20代のとき、たまたま出版社に入社することができましたが、肩書きが違ったら不動産業でもイベントの司会でもコンサルタントでもなんでもやれるし、なんでもできると思っていて。でも、会社的に副業は禁止されていたから、環境的にできなかった。そうなってくると自分の可能性についても意識しなくなってくるんですよ。

働き方にルールなんてない。
自分のやり方で仕事に向き合う

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。