体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現代医学】すごく腹が減っているときに食べると死ぬ危険アリ / 戦国時代に「兵糧攻め」で大量の餓死者

生活・趣味
gashi5

こんにちは! 歴史好き女医の馬渕まりです。専門は代謝内科。脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病が得意分野です。

「めちゃくちゃ空腹のとき、一気に食べ物を胃にいれると死んじゃうって話、本当ですか?」

・三木城や鳥取城の「悲劇」が完全スルー
大河ドラマ『真田丸』は昌幸の衣装もカッコイイなぁ……なんてテレビ画面を眺めていたら編集サンからこんな質問をされました。どうやら一昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で三木城や鳥取城の「悲劇」が完全スルーされたことを思い出し、この2つの合戦で、実は「大量の餓死者が出た地獄」を今更ながら回想しているもようです。

・兵糧攻めを徹底した城
飢餓ネタってどうなのかしら……と逡巡しつつも、実は栄養の話は私の専門分野だったりして。決めた。今回のテーマは「兵糧攻め」にしましょう! 上記で触れましたように「三木城」と「鳥取城」は、豊臣秀吉&黒田官兵衛のコンビが『兵糧攻め』を徹底した城で、その悲劇は現代まで伝えられているほどです。もしも映像で描けば、かなりキッツいものになるでしょう。まずは三木城の攻防から振り返ってみますね。

gashi1

・東播磨一帯に強い影響力
三木合戦は1578年(天正6年)3月から1580年(天正8年)1月にかけて行われた「織田家vs別所家」の戦いで、現在の兵庫県である播磨国で起こったものです。元々この地は守護・赤松氏の支配領域でした。が、足利六代将軍・義教の暗殺事件後に同氏も没落、部下や家臣が群雄割拠する地となり、その中でも赤松一族の別所家は東播磨一帯に強い影響力を有するようになりました。

・別所家も一時は織田方へなびいた
この場所は織田家にとって非常に重要でした。大坂の石山本願寺を攻略し、さらに西へ進んで毛利を潰したい思惑があったからです。そのためにはまず別所さんの支配地を押さえなければ先へ進めずません。当然ながらノブナガさんに目を付けられ、実際は秀吉によって「織田家へ付けば領地保証しまっせ!」と調略されると、別所家も一時は織田方へなびいたのでした。

・普段より多くの兵糧が必要
ところが、です。結局、当主の別所長治が叔父の勧めで毛利方になびいてしまい、地元の三木氏や宇野氏がこれに同調すると、周辺地帯の勢力図が一変してしまうのです。長治は三木城に籠城して、毛利の援軍を待つこととしました。三木城に籠城した人数は推定7,500人。兵士だけではなく、家族や浄土真宗の門徒も含まれる諸籠り(もろごもり)です。当然ながら普段より多くの兵糧が必要となりますので、その補給は、毛利氏の船で瀬戸内海から陸揚げし、周辺の支城と連携することで運び込んでおりました。

・三木城は補給が困難な状態
これに対して秀吉は、徹底した支城攻略で臨みます。敵のネットワークを潰しまくり、『米の通り道』を塞いだのです。途中、上月城の攻防や荒木村重の裏切りによるドタバタなどもありましたが、最終的には狙い通りにコトが進み、三木城は補給が困難な状態に……。

1 2 3 4 5次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会