ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、新フラッグシップスマートフォン「Huawei P9」「Huawei P9 Plus」を発表、ライカ認定のツインカメラを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei は 4 月 6 日、英国・ロンドンで行われたプレスカンファレンスで、カメラ機能を大幅に強化した新フラッグシップスマートフォン「Huawei P9」と「Huawei P9 Plus」を正式に発表しました。Huawei P9 はちょうど 1 年前に発表された「Huawei P8」の後継モデルで、Anroid 6.0 ベースの EMUI 4.1 を採用しています。大きな特徴としては、背面に老舗カメラメーカー「ライカ」が認定を与えたデュアルカメラを搭載してカメラの画質や性能を改善したところです。Huawei P9 の主要スペックは、5.2 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Kirin 955 オクタコアプロセッサ、3GB / 4GB RAM、32GB / 64GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、背面にデュアルの 1,200 万画素(1.76μm、レーザー AF、光学手ブレ補正)、前面に 800 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC に対応しています。筐体デザインにはアルミユニボディを採用しており、カメラ部分のデザインを考慮すると、Nexus 6P の特徴を受け継いでいるようです。筐体サイズは 145 x 70.9 x 6.95mm、質量は 144g。カラバリは、Ceramic White、Haze Gold、Rose Gold、Titanium Grey、Mystic Silver、Prestige Gold の計 6 色です。また、上部に IR ブラスタ、前面にステレオスピーカーを、背面に指紋付きスイッチを、下部の USB コネクタには USB Type-C を採用しています。Huawei P9 Plus は Huawei P9 の基本スペックをほぼ維持したまま画面サイズを 5.5 インチに拡大した大型モデルで、表示モジュールは LCD から AMOLED に変わっており、筐体サイズは 152.3 x 75.3 x 6.98 mm、質量は 162g となっています、また、P9 Plus は Mate S 最上位モデルのように、タッチの圧力を感知して異なるアクションを実行できる「Press Touch」ディスプレイを採用。バッテリー容量は 3,400mAh に増えて、「dual-IC Rapid Charge」と呼ばれる急速充電機能を追加しています。このモデルは 4GB RAM + 64GB ROM の 1 種類です。Huawei P9 は 4 月下旬に、Huawei P9 Plus は 5 月に発売される予定です。価格は、3GB RAM + 32GB ROM モデルが €599、4GB RAM + 64GB ROM モデルが €649、Huawei P9 Plus は €749 となっています。.更新:内容を一部訂正しました。

■関連記事
Huaewiはスペックを下げた「Huawei P9 Lite」も準備中、ハンズオン写真が公開
アプリ取り放題サービス「取り放題.jp」が4月11日にWindows 10 Mobile向けサービスを開始
WordPressのAndroidアプリがv5.2にアップデート、フォントがOpen SansからRobotoに変更

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP