ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辻井伸行のアルバムが3枚同時チャートイン、金子三勇士のリスト没後130周年記念盤が初登場3位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsチャートは、辻井伸行の『THE BEST』が第1位。46回目のチャートインとなった。今週は辻井伸行のタイトルが3枚同時チャートインしており、13位に『自作集 CD+自作LIVE DVDジェニーへのオマージュ』が、16位に『神様のカルテ~辻井伸行自作集』がチャートインとなっている。先週は2枚同時、そして今週は3枚同時のチャートインと、複数枚のチャートインを続ける辻井伸行は、3月に全公演完売のショパン・リサイタル・ツアーを終えたばかりだ。

 3位には日本とハンガリーの血を継ぐピアニスト金子三勇士の、リスト没後130周年記念盤『ラ・カンパネラ~革命のピアニズム』がチャートイン。デビュー・アルバム『プレイズ・リスト』でレコード芸術誌の特選盤に選ばれた“リスト弾き”が、名曲を選んで収録した。リリース記念のコンサートも予定されており、今後のチャートインも期待出来そうだ。

 今週のチャートには、ゲーム・アニメ関係盤が同時に3枚チャートイン。近年のゲーム・アニメ音楽に於けるフルオケアレンジや、アニメ・ゲーム音楽の人気が反映されたチャートとなった。TVアニメ『ワンピース』を彩った主題歌をクラシックアレンジで楽しめるカバー・アルバム『ONE PIECE Arrange Collection CLASSIC』が5位、ゲーム『テイルズ オブ』シリーズのテーマソング、ゲーム内BGMをフルオケアレンジしたライブ録音『20th Anniversary テイルズ オブ オーケストラコンサート アルバム』が7位、アニメ『君嘘』を彩ったクラシックの名曲をセレクトした『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』が11位となっている。

text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『THE BEST』辻井伸行
2位『0歳からの育脳クラシック』(オムニバス)
3位『ラ・カンパネラ~革命のピアニズム』金子三勇士
4位『ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》』小澤征爾
5位『ONE PIECE Arrange Collection CLASSIC』
5位『ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125「合唱」』ヴィルヘルム・フルトヴェングラー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
7位『20th Anniversary テイルズ オブ オーケストラ コンサートアルバム』東京フィルハーモニー交響楽団
8位『希望~Songs for Tomorrow』海上自衛隊東京音楽隊
9位『ブルックナー:交響曲第7番ホ長調 WAB.107(ハース版)』朝比奈隆、大阪フィルハーモニー交響楽団
10位『アコーディオン・バッハ』御喜美江

関連記事リンク(外部サイト)

4月11日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
SKE48「チキンLINE」31.2万枚を売り上げビルボード総合首位、DL1位は三代目「Feel So Alive」
三代目JBS 最新ALが断トツで総合No.1に、BABYMETALは海外チャートにも注目!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP