ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・港区にある虎ノ門駅は、地下鉄銀座線が乗り入れる場所で、経済産業省や財務省、特許庁などが集まる官庁街。堅苦しい雰囲気がしそうですが、我らオヤジ世代が大好きな、ゆる~い居酒屋がひそかに盛り上がっているんです。今回は虎ノ門で仕事帰りにちょい飲みできる名店を特集します。見どころは各店の名物料理。ちょい飲みといえども肴は美味しくないと意味がありません。ご紹介する店舗の名物は、ちょっとスゴイですよ。いますぐにでも飲みにいきたいぐらい!

【安さとでかさが自慢】仕事帰りのちょい飲み御用達店「甚兵衛 二号店」

こだわりの日本酒とジャンボメンチカツが意外と合う

銀座線・虎ノ門駅から新橋方面に歩いて2分の場所に、こだわりの日本酒とジャンボメンチカツが名物のお店があります。駅から近いということもあり、仕事帰りのオヤジ世代で毎日盛り上がるお店。おススメは、皿からはみでそうなでかさが自慢のジャンボメンチカツ。ジャンボチキンカツも人気です。日本酒とメンチで大満足!ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

ちょい飲みの肴はジャンボメンチカツ。でかい!(580円)ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

魔法のお水たち。店主のこだわりが伝わってきますねジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

気の合う仲間とちょい飲み。気が付いたら終電なんてことも

甚兵衛 二号店

【魚がうまい】競りで落とした鮮魚が毎日入荷するお店「こちらまる特漁業部」

絶品のアワビの刺身が890円で食べられる!

虎ノ門駅から徒歩1分という便利な場所に、宮城県塩釜や沼津の漁港で競り落とした魚が、毎日入荷するお店があります。おススメはひとり1個限定のアワビのお刺身。高級食材を使っているのに、890円という安さが魅力です。お店の雰囲気も活気があって、お酒がくいくい飲めちゃいます。ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

お一人様1個限定のアワビのお刺身ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

魚によく合う日本酒と焼酎がそろっていますジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

魚が美味しそうな雰囲気のお店。今日も酒宴で盛り上がる

浜の漁師居酒屋 こちらまる特漁業部 虎ノ門店(http://www.hotpepper.jp/strJ001041417/)

【絶品スペアリブ】ビールとお肉が美味しいお店「チムニー 虎ノ門店」

静岡の地ビール「御殿場高原ビール」がキンキンに冷えてます

虎ノ門駅1番出口から愛宕方面に歩いて2分の場所に、美味しい名物と地ビールを飲めるお店があります。絶品の名物は特製タレに漬け込んだスペアリブ。これが静岡の地ビール、御殿場高原ビールの生と合うんです。駅からも近いので毎晩宴会でにぎわっています。ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

ロングセラーのスペアリブは絶対食べたい一品ジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

生ビールも含めて3種類の御殿場高原ビールが楽しめるジャンボカツに絶品あわびも!虎ノ門で仕事帰りに名物料理でちょい飲みを楽しむならココ!

会社の仲間を引き連れて飲みにいけます

チムニー 虎ノ門店(http://www.hotpepper.jp/strJ000121330/)

虎ノ門で仕事帰りにちょい飲みできる名店特集はいかがでしたでしょうか。名物料理の数々、食べたくなるでしょう?今回紹介したお店は、どこも駅から1~2分圏内という便利さもウリなんです。仕事が終わって、さくっと飲むなら駅から3分以内というのがマイルール。しかも、座ってすぐにビールやホッピーが飲めないと嫌なんです。料理もポンポンと出てきてくれないとね。今回のお店は、すべての条件がそろってますよ。

関連記事リンク(外部サイト)

【大人の贅沢時間】御徒町で美味しい焼き鳥を堪能しながら、充実した焼酎を楽しむ
唐揚げ食べ放題100円も!1000円以内で楽しめる浅草橋の居酒屋3選
【武蔵浦和で飲み会をするなら】お得に美味しい料理とお酒を楽しめるお店3選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。