体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャルル・ドゴール空港はバターの香り? バターを食べるパンとは?

J-WAVE平日昼の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」は、本を持って出かけたい場所へのサウンドトリップ。世界各地の場所の名前にまつわる物語を紹介しています。

4月5日(火)のオンエアでは、フランス最大の空港「パリ・シャルル・ドゴール国際空港」の名前と魅力に迫りました。

大きな国際空港は、いわばその国の玄関口。到着するとその国の“におい”がするとも言われます。パリのシャルル・ドゴール空港のターミナルに入って感じるにおいは“バターの香り”。

フランス料理は、バターの料理ともいわれます。イタリアやスペイン、ギリシャなど地中海に面した多くの国が、料理には主にオリーブオイルを使います。でも、フランスはバター。フランスを代表するパン、クロワッサンのことをフランスの人たちはこう表現します。

「バターを食べるパン」

フランス最大の空港、パリ・シャルル・ドゴール国際空港。その名前の由来は、もちろん、軍人で大統領だったシャルル・ドゴールです。この大きな空港があるのは、パリの街の北東、ロワシー・アン・フランスという地域。そのため、パリジャンはこの空港を、短く「ロワシー」とも呼びます。

建築家、ポール・アンドリューが設計したシャルル・ドゴール国際空港は1974年の開港から40年以上が過ぎても、斬新でアヴャンギャルド。美しい半円を描くような屋根。巨大な宇宙船の中にいるようなターミナル内。その未来的なデザインは、今も訪れた人を驚かせます。

この空港で、ボーディングまでのひとときに開きたい本は、長年パリに暮らした村上香住子さんの本『パリの猫の一日はとても長い』(講談社)。

出発ロビーのソファに座って、あるいはカフェに入って、読書してみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】

「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。