ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学歴格差問題 「学歴データ削除・全職種逆指名」法案がギリギリ可決!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週からスタートしたJ-WAVE夜の番組「AVALON」。4月5日(火)はさまざまなバンドやソロで活躍し、ロック界を代表する“ベースヒーロー”として注目されているKenKenがナビゲーターとして登場しました。

曜日ごとに4つの党が登場する「AVALON」の中で、KenKen代表率いるのは「我流の会」。今週の「格差問題」についてプレジデントからKenKenに与えられたお題は、「学歴を解消するマニフェストを提出せよ」。

今年の春から、なんと30歳にして高校生になるというKenKenにはもってこいの課題。そこでKenKenが提案したマニフェストは……履歴書から学歴欄を削除し、自分が働きたい企業を選ぶことができる「学歴データ削除・全職種逆指名法案」! 早口言葉のような秘書泣かせの法案名ですが、その具体的な内容とは?

「履歴書から学歴の記入欄をなくそう。さらに自分のなりたい職業に誰もがなれるようにすること。好きな会社、職業に自分で逆指名できます!」(KenKen)

学歴関係なく、平等な就職が保証されるというこの法案。学歴が大切なのもわかりますが、それだけで人を判断するのも問題ですよね。ちなみにKenKenはベースをはじめた小学校3年生で、学問は諦めたタイプだそうです。

番組では、この法案に対する賛成意見、反対意見をリスナー(サポーター)から送ってもらいました。

賛成派:この法案に賛成! 優れた才能を持つ人は学歴なんてまったく関係ない。その他のもっと秘めたる能力を見て欲しい!

反対派:優秀な人はそれなりに学歴が勝手についてきている印象。逆に学歴なんて、と言っている人には実力がない印象です。

など、さまざまな意見が飛び交いました。

その結果、賛成51%、反対49%で、代表が提案した「学歴データ削除・全職種逆指名法案」はギリギリのところで可決! とはいえ、前半は70%近くが賛成派だったのに、後半かなり反対派が盛り返しました。

水曜は「FREEDOM MAX」代表の満島真之介、木曜は「CRAZY IN LOVE」代表の渡辺直美が登場。どのような法案で、格差問題の解消を目指すのでしょうか? リスナーのみなさんもぜひサポーターとしてご参加ください!

【関連サイト】

「AVALON」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP