ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RADWIMPS、新海誠監督の長編大作アニメーション『君の名は。』で映画音楽を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RADWIMPSが8月26日(金)より全国公開される新海誠監督の長編大作アニメーション映画『君の名は。』の音楽を制作することが決定! そしてこのたび、新曲「前前前世」(ぜんぜんぜんせ)による『君の名は。』の予告映像が解禁となった。

新海誠監督の生み出す美しい映像に、RADWIMPSのアップテンポな楽曲が加わり、キャラクターに新たな命が吹き込まれ、かつてない躍動感のある映像に仕上がっている。

RADWIMPSの野田洋次郎(Vo&Gu)と新海誠監督の出会いは、2年前まで遡る。曲を聴いた上で作りたいシーンがいくつかあるという新海監督からの要望を受け、製作初期からデモ曲をやり取りし、プロット段階から作品に携わってきた。新海監督は劇中にヴォーカル曲を印象的に使うことでも名高く、今回も大切な場面でRADWIMPSの書き下ろしたヴォーカル曲が、「前前前世」含めて複数使われている。そのほか、20曲以上の劇中音楽すべてを制作しており、RADWIMPSとしても初めての試みとなった。

映画『君の名は。』は、『秒速5センチメートル』(2007年)、『言の葉の庭』(2013年)など意欲的な作品を数多く作り出し、次世代の宮崎駿、ポスト・細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督、新海誠の最新作。美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”は、世代や業界、国内外を問わず、大きな刺激と影響を及ぼしてきた。

RADWIMPSと新海監督の細かいキャッチボールは、長期間何度も繰り広げられており、妥協のない作業が今もなお日夜繰り広げられている。RADWIMPSの多種多様な音楽性と新海監督の美しくも切ない詩的な世界観が化学反応を引き起こし、音楽とアニメーションのかつてない密なコラボレーションによる作品が生まれようとしている。

■映画『君の名は。』予告編

http://special.movies.yahoo.co.jp/detail/20160406408985/

■映画『君の名は。』 オフィシャルHP

http://www.kiminona.com/

(C)2016「君の名は。」製作委員会

【コメント】
■RADWIMPS

-映画と、僕たちの音楽が掛け合わさることがあるとしたら-

それは単純にオファーを受けて主題歌を作るという関係でないものでありたいと、漠然と思っていました。お互いの領域にオーバーラップし、響き合い、結びつき、共に冒険ができるようなものであったら、素敵だなぁと思っていました。今回の『君の名は。』という作品と僕たちRADWIMPSは間違いなくそういう関係にあったように思います。一昨年の冬に新海監督とお会いし、そのまっすぐな人柄とこの脚本に惹かれました。そしてこの1年間、僕たちはひと足先に『君の名は。』の世界にどっぷりと浸かることになりました。おそらくすべてのシーンの、すべての台詞が今は言えると思います。但し、声は声優さんたちが入れる前の監督のあてたもの、絵も監督が描いてくださったラフのコンテです。ここからいよいよ仕上げの作業でどんなマジックが起きるのか、最後まで楽しみで仕方がありません。この作品に携われたことを光栄に思うと共に、皆さんの人生に寄り添い、心の中にずっと残っていく作品になるよう最後まで心を研ぎすまして全力で取り組みたいと思います。

■新海誠監督

誰に音楽をやってほしいかと問われた時、実現の可能性を考えもせずRADWIMPSが好きだと答えました。その後、洋次郎さんにお会いする機会に恵まれ、正式に一緒にやろうと決まった時から今のこの瞬間まで、ずっと夢を見ているように幸せです。

RADWIMPSの作り出す楽曲群は10年前から常に新しく、音楽の最前線です。歌詞には「日本語はこんなに自由で豊かなんだ」という驚きが常にあります。最初の1曲として『前前前世』を受け取ったのはもう1年以上も前ですが、その日の天気も興奮も覚えています。部屋に座ったままではとても聴けず、外に出て歩きながら聴き、雨が降ってきても繰り返し聴き続けました。まさに映画に捧げられた曲で、胸が詰まりました。

『君の名は。』は、台詞、楽曲、野田さんの声など音の主役がシーンの中でどんどん移り変わっていくような、新しい感覚のアニメーション映画になるはずです。

■神木隆之介(主人公・立花瀧役)

「前前前世」を初めて聴いた時、これまで感じた事のない衝撃を受け鳥肌が立ち、自分の中で「君の名は。」の世界観が更に鮮やかになりました。

RADWIMPSさんの素敵な曲を聴きながら、これから始まる声録りに向けて更に気合が入りました。





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。