ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15年間ひとときも離れようとしない「ライオン・クマ・トラ」3頭組

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライオン、クマ、トラが並んでいるこの写真。なぜこんなに仲睦まじい姿で写ってるのでしょうか。不思議ですが、これには理由があったのです。

なんでこんなに仲が良いの?

Photo by Noah’s Ark Animal Sanctuary

Photo by Noah’s Ark Animal Sanctuary

写真の場所は、非営利の動物保護団体が管理するジョージア州の施設「Noah’s Ark Animal Sanctuary」。きっかけは2001年のこと。3頭は、アトランタで起きた麻薬捜査の立ち入りで発見され、それから15年もの間、ここで片時も離れずに暮らしてきました。

見つかった当時の彼らは、まだ生後数ヶ月の赤ちゃん。みな怯えており、ケガや栄養失調、感染症などで危険な状態にあったそう。

なかでも、クマのバルーは幼い頃に繋がれた首輪が交換されないまま成長していたため、手術が必要な大ケガを負っていました。

保護された後、治療のために病院へと連れられましたが、この時が3頭が一緒にいられない生まれて始めての瞬間に。スタッフによると、残った2頭は不安だったのか、あたりをウロウロ行ったり来たりして、ずっと落ち着かない様子を見せていたようです。


Photo by Noah’s Ark Animal Sanctuary

トラのシアカーンは、大のイタズラ好き。栄養失調でしたが、順調に食事療法を行い体重が増えていきました。

ライオンのレオは、狭い木の檻に閉じ込められていたせいで、鼻にケガをして感染症を患っていました。去勢されていたため、たてがみがありません。今では、のんびりとした毎日を送っています。

当初は野生に帰れるよう治療を行なっていたみたいですが、どうにも離れ離れになりたくない模様。ずっと身を寄せあって生活を続けてきました。まったく異なる動物でありながら、まるで家族のように過ごしています。その様子は以下のWSB-TVの動画で見られます。今後も穏やかな生活を送れるといいですね。

非営利動物保護団体「Noah’s Ark Animal Sanctuary」への寄付はコチラから。

Licensed material used with permission by Noah’s Ark Animal Sanctuary

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
死を疑似体験できる「命の授業」 遺言を書き、棺桶に入る
【注文殺到】歯医者さんが開発!?4秒で固まる接着剤「BONDIC」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP