ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風男塾・緑川狂平の卒業公演開催、「2.5次元から3次元に引っ張ってきてくれてありがとう!!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2008年9月のデビュー以来、男装ユニット・風男塾の初期メンバーとして活動し続けてきた緑川狂平の卒業公演『風男塾×ニコファーレ 緑川狂平卒業公演「縁~enishi~」』が昨晩4月5日東京・nicofarreで開催された。

全国から3,500名の応募があり、抽選で当選した260名がプレミアチケットをゲット。なお、ニコニコ生放送でも卒業公演の模様がリアルタイムで配信され。会場とネットで見守れながらの卒業公演となった。平日にも関わらず全国から集まったティーン女子で埋め尽くされた会場。アンコール含め、約120分、全15曲を披露。

会場内が彼のイメージカラーである緑色のペンライトで埋め尽くされる中、緑川狂平が登場。この季節にピッタリな春ソング「桜のYELL」で卒業の幕を開ける。序盤から抑えきれない感情がつたわって歓声が鳴り止まない。狂平「今日は俺が歌いたい曲をたくさん歌いたいと思います!!」狂平を取り囲み目を合わせるメンバー達の表情は、笑顔と優しさに満ち溢れていた。

狂平の思い出の曲を中心に新旧織り交ぜて歌われる。見守るファンもたち今の風男塾の6名と各曲その当時の狂平の姿やメンバーの姿をクロスオーバーさせながら聴いているような雰囲気でライブは進む。「デビュー以来、あっという間の8年、たくさんの想い出が詰まった8年。」と狂平が言うようにメンバー全員そんな思い出を噛みしめながら歌う。

本編終盤、メンバーひとりひとりから狂平に送る言葉。涙目で全員がメッセージを読み上げた後「それぞれの人生もあり夢もあるのもわかっている..でもこの先も一緒にできないかな?ダメかな?」と今日で終わる緑川狂平をまだ受け入れたくないメンバーたちの姿が印象的だ。

風男塾で積み重ねた思い出は決して消えることはないが、「2.5次元」で生き続けていた「緑川狂平」は今日をもってもう今後会う事は出来ないという現実をファンもメンバーも噛みしめながら、狂平にとってもラストシングルとなった最新シングル「友達と呼べる君へ」へ。観客のペンライトが緑色一色となる。歌い終えた後「詞がこんなにも、深く響いたことはないよ」と顔をくしゃくしゃにする各メンバー。「これからもずっと友達」と約束を交わして本編が終了。

アンコールが鳴りやまない中、狂平をイメージしたエメラルドグリーンのTシャツ姿でメンバーが登場。プロデューサーでもあるはなわも駆け付け、10年前初めて出会った時のエピソードと、はなむけの言葉、そしてメンバーのカラーである6色の花束を贈った。「七色の鳥」「いい男」を歌い終えて、アンコールは一旦終了したが、まだアンコールが鳴りやまない。

Wアンコールの歓声が鳴り止まない中、再度狂平がステージに登場。今までの活動を自分自身の記憶に焼き付けるように、1つ1つの出来事を思い出し噛みしめながら..メンバーに伝えたいこと、ファンへの感謝の想いを語る。「2.5次元という風男塾の世界で、緑川狂平として精一杯真剣に活動して、みんなと向き合ってきて、お別れの瞬間を迎えた今、自分は緑川狂平として確かにこの世に生きている、と感じています。2.5次元から3次元に引っ張ってきてくれてありがとう!!」とコメントし、「絆」で全15曲を歌い切る。

他のメンバーがステージを先に去る中一人残った狂平は大きく深呼吸したあと「みんなが大好きです!!」と笑顔で、恥ずかしそうにステージを後にした。こうして約8年間に及ぶ、風男塾 緑川狂平は幕を閉じた。

写真:武裕康

【セットリスト】
M1.桜のYELL
M2.17’s ☆STAR
M3.かざみどり
M4.男装レボリューション
M5.チェンメン天国
M6.TOMORROW
M7.キミのものがたり
M8.風にのって
M9.ラブメッセンジャー
M10.同じ時代に生まれた若者たち
M11.下を向いて帰ろう
M12.友達と呼べる君へ

M13.七色の鳥
M14.いい男

M15.絆

ツアー情報
風男塾LIVE 2016 ~STARTING STAR~
2016年4月30日(土)新宿・ReNY ※新メンバー加入
2016年5月3日(火・祝)仙台・CLUB JUNK BOX
2016年5月7日(土)大阪・ESAKA MUSE
2016年5月8日(日)名古屋・CLUB QUATTRO
詳しい情報はオフィシャルHP
http://nfs724.com
をご覧下さい。

関連リンク

■風男塾 Official Sitehttp://www.nfs724.com/
■風男塾 テイチク内ページhttp://www.teichiku.co.jp/artist/fu-danjuku/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP