ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・ディラ、未発表ヴォーカル・アルバムにNas参加ボーナストラックが決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月27日(※米国発売4/15)にリリースされるJ・ディラの最新作にして未発表ヴォーカル・アルバム「ザ・ダイアリー」は、全16曲中4曲をディラ本人がプロデュースし、他9名のプロデューサーが参加している。

ゲスト・アーティストとしてレーベル・オーナーであるNASを始め、スヌープ・ドッグ、コケイン、クエストラヴ、ビラル、プロデューサーとして盟友マッドリブ、ピート・ロック、ハイ-テック、ワジード等、有名プロデューサー/ヒット・メーカーが参加。

中でも最も注目されているのはスヌープ・ドッグとコケインという2大西海岸ラッパーを起用した楽曲「Gangsta Boogie」。ハイ-テックによるジャジーなトラックがマッチした、ポップ・ギャングスタ・チューンに仕上がっている。

更に今年3月に米テキサスで開催された音楽祭SXSWでサプライズ公開された、NASをフィーチャーした話題の楽曲「The Sickness」を含む2曲が日本盤CDとiTunesボーナストラックとして収録されることが決定した。

2016年最大の話題作である本作は彼の死後に母親と弟イラ・Jによって設立された知的財産管理団体Pay Jayと、プライベートでも親交の深かったイーセン“イーゴン”アラパット(Estate of James Yancey クリエイ ティヴ・ディレクターが10年間をかけリリースまで尽力したという。イーゴンは無数に残された音楽ファイルを掘り起こし、何ヴァージョンも録音されていたアーカイヴから最終テイクを決定した。

様々なプロデューサーによる楽曲が収録されているにも関わらず、J・ディラ色で統一されている本作は、ヒップホップのマスターピース作品として永久保存盤になるだろう。

NAS コメント
遂にこの時がきた。彼の遺産管理団体の協力の元、Mass Appeal RecordsからJ・ディラの長いこと未発表だったヴォーカル・アルバムをリリース出来ることを誇りに思う。

「Gangsta Boogie feat. Snoop Dogg And Kokane」、「The Introduction」試聴リンク
https://soundcloud.com/massappealrecs/sets/j-dilla-the-diary

リリース情報

「The Diary」
2016年4月27日(水)
HSE-5060 2,400円+税

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP