体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ねごと、2マンツアーファイナルでパスピエと熱狂ライヴ! 新曲2曲でもフロアを揺らす

エンタメ

ねごとが3月から開催していた「ねごと presents “お口ぽかーん!?~つまり2マンツアー 2016~”」が、4月4日(月)の渋谷TSUTAYA O-EASTでファイナルを迎えた。
4月4日(月)@渋谷TSUTAYA O-EAST(ねごと) (okmusic UP's)
自分たちが今最も対バンしたいアーティストと2マン形式のライヴを開催し、全国5都市を回ったこのツアー。最終ラウンドとなる東京公演の先攻はパスピエ。紅一点ヴォーカリストの大胡田なつきを擁する5人組にして、卓抜した音楽センスと独特の世界観を纏ったポップロックバンドだ。ちなみに、ねごとがパスピエと共演するのは2014年に開催された学園祭ツアー以来、2回目となる。

満場の拍手に迎えられて登場したパスピエは、大胡田のキュートながらも蠱惑的な歌声とシンセサイザーを基調としたパワフルなバンドサウンドで「トキノワ」「とおりゃんせ」とキラーチューンを畳みかけ、のっけからフロアの熱狂を我がものにする。大胡田は“ねごとファンのみなさんにも何かを残して帰れるようないいライヴをしていこうと思います”と意気込む。大人の童謡を思わせる「蜘蛛の糸」、昭和歌謡テイストのサビが絶妙な「シネマ」と、パスピエワールドを存分に展開してオーディエンスを踊らせ、ラストの「MATATABISTEP」まで一気に駆け抜け、ねごとにバトンを繋いだ。

そして、興奮の余韻と大歓声に包まれながら笑顔でステージに現われたねごとの4人。登場SEに乗せてそのまま4人が演奏をスタート、2分近くもの前奏を加えた「DESTINY(long ver.)」で幕を開ける。いっそう分厚く成長したアンサンブルを響かせ、詰めかけた1300人の観客を魅了。スタートからバンドの自信と好調を見せつけた。

キラキラとした輝きを放ちながら力強く鳴り響くサウンドはもはや“ガールズ”の枠を軽やかに飛び越え、まさに“ロックバンド”の面目躍如。全5公演、それぞれに個性豊かなバンドと各地で熱戦を繰り広げ、蓄積されたエネルギーのすべてをこのファイナルのステージに注ぎ尽くすかのごとく、演奏に没頭する彼女たちの姿が客席の昂揚に拍車をかける。

「シンクロマニカ」ではシーケンスに重ねて場内一体となってのクラップが弾け、「GREAT CITY KIDS」では“声を聴かせてもらっていいですか!”とステージ前方に躍り出た蒼山幸子(Vo&Key)の呼びかけに1300人が応えてコール&レスポンスと、ステージと客席のぴったり息の合った連携で前半戦にして盛り上がりは早くもピークに達する。“今回、久しぶりの対バンツアーということで、本当に刺激をもらえた、改めて対バンっていいなと思えたツアーでした”と共演したバンドの名を挙げながら、しみじみと振り返る蒼山。一方で、昨年リリースしたアルバム『VISION』の番外編的位置付けでもある本ツアー。当作品からの楽曲を中心に構成された中盤のセットリストから後半戦へ。場内は怒濤のダンスフロアと化した。

“今の私たちのモードを感じてもらえるライヴにしたい”という想いのもと、東京では初演奏となる新曲を立て続けに2曲披露。中でも最初の1曲はこれまでのねごととは一線を画す、クールかつスリリングな新機軸チューンだ。グラフィカルな光を放つパッドを左手に装着、右手にマイクを握りしめ、ステージを右に左にと激しく動き回りながらオーディエンスを煽る蒼山のアグレッシヴなパフォーマンスも印象的だった。新曲2曲に続き、「ループ」で自身が音そのものであるかのように、リズミカルに跳ねては激しく体をしならせるメンバー。急進的に突き抜けた「nameless」、抑揚あるテンポ感が小気味よい「透明な魚」と、アッパーかつシームレスに繰り出される楽曲が容赦なくオーディエンスを巻き込み、踊らせる。そして、本編ラストを飾った「endless」。これまでとは格段にスケール感を広げたこの演奏が今ツアーの集大成であり、ねごとの新たな未来を予感させた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会