ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

諏訪内晶子、4年ぶりとなるアルバムを4/6リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日4月6日、諏訪内晶子がアルバム「フランク&R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 他」をリリースした。

4年ぶりの新録音となる今回のアルバムは、フランクとR.シュトラウスという同時代に生きた二人の作曲家によるヴァイオリン・ソナタと、今年没後20年を迎えた武満徹作品を収録。ピアノ伴奏は2014年の国際音楽祭NIPPONで初めて共演したエンリコ・パーチェが務めている。

録音は今年1月、パリのノートルダム・デュ・リバン教会で行われ、諏訪内の録音を何度も手掛けている名プロデューサー、ハイン・デッカーが2作ぶりにプロデューサーを務めた。

フランクとR.シュトラウスのヴァイオリン・ソナタはほぼ同時期に書かれているが、フランクのソナタは晩年の作品、R.シュトラウスのソナタはまだ青年時代の作品という点が興味深い。また、武満徹作品は2014年の音楽祭でパーチェと共に演奏した「悲歌」を、作曲家へのオマージュとして収録された。

アルバム発売直後の4月9日からは、4年ぶりのリサイタル・ツアーも開始。全国6か所でフランクのソナタや武満徹の「悲歌」をはじめとした作品を演奏する予定だ。

リリース情報

アルバム「フランク&R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 他」
発売中 
UCCD-1427 3,000円+税

公演情報
■諏訪内晶子&エンリコ・パーチェ(ピアノ) 日本ツアー(フランク、武満徹演奏予定)
2016年4月
9日(土) 横須賀芸術劇場 10日(日)千葉県文化会館、11日(月)茨城県立県民文化センター
14日(木)秋川キララホール、16日(土)ザ・シンフォニーホール 、17日(日)可児市文化創造センター

■テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルグ交響楽団(チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲)
2016年5月30日(月)サントリーホール

■トランス=シベリア芸術祭 in Japan
レーピン&諏訪内&マイスキー&ルガンスキー
2016年6月18日(土) サントリーホール
2016年6月20日(月)札幌コンサートホールKitara

■ストラディヴァリウス・コンサート
2016年9月13日(火)サントリーホール

■ブロムシュテット指揮バンベルク交響楽団(ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲)
2016年11月2日(水)サントリーホール

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。